なぜ・・・?

b0019581_16493674.jpg


   現社考特別救済「謀り・?」


         <薬害肝炎一律
議員立法?


    なぜ・・? 政府立案でないのか! 


                     <お尋ね下さい>

[PR]
# by srd52834 | 2007-12-26 16:57 | 「現代社会を考える」→時事

「冬」

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

   関西のSKI場・・・今年も「暖冬」かな・・・・?
[PR]
# by srd52834 | 2007-12-26 16:55

ご注意!「特別便」

b0019581_1395053.gif


   現社考「偽」

         <どうする・・「年金」



     <アクセス>

[PR]
# by srd52834 | 2007-12-20 13:17 | 「現代社会を考える」→時事

無駄・?「越年・・・」

          
b0019581_15171749.jpg


   現社考
「借金大国・政府の無駄遣い!」

    
          <臨時国会>
「越年国会」


  <お詫び>


 先12日配信の「現社考ーどげんかせんと・・」の「テロ新法の再議決」に関し、憲法62条は同59条の誤りです。訂正し、お詫びします。


        さて、・・・・
   <つづき>   

[PR]
# by srd52834 | 2007-12-15 15:27 | 「現代社会を考える」→時事

「どげんかせんと・・」

b0019581_14321415.gif


     現社考「時事」


           <どげんかせんと・・>



 宮崎・東国原知事ではないが、政権政党・自民党のテイタラク(偽体)は許せない! 


         <お尋ね下さい>

[PR]
# by srd52834 | 2007-12-12 14:35 | 「現代社会を考える」→時事

「認知症」介護の実態!

b0019581_14465451.gif


   知ってシリーズ30

        「老いて共生」
<グループホーム>



 高齢化時代。「認知症ケア」の大問題。
厚生労働省の考える「高齢者在宅シフト」は、公的な「医療と介護」の費用を減らしたい目的で、社会的入院と云われる「療養病床」が認められず「病院死」は減少しているが、その陰に「介護する家族の負担増」を招き、誰しもが「自宅での最後を」の希望は不可能に近く「医療難民」や「介護難民」が多くなりそうです。

 やがて訪れるであろう「戦争」以外では、例の無い「大量死時代」。厚労省の「在宅化」政策は、医療費抑制に奔走のあまり、難民の発生に拍車をかけています。さらに、在宅医療を支える柱・在宅療養支援診療所ですが、診療所と医師不足により計画通りには進んでいません。今後「都市部での高齢化」が深刻となり、訪問看護ステーションの設置が待たれる状況ですが、その数も「伸び悩み」の状況です。


 今回は「認知症高齢者・グループホーム」に関する「資料」を整理してみようと思います。


 この施設は、軽・中程度の認知症(痴呆症)のお年寄りを対象とした共同生活住居を指すらしく、厚労省の「認知症ケアの切り札」とされるこの施設は徐々に増えていますが、利用者の個人負担は「平均11万円超」で「年金生活者」には利用不可能なケースが多く報告されています。(この負担金は、介護報酬の1割相当額だそうです)

 認知症は、認知力や記憶力、時間と場所の感覚などが衰える病気です。しかし、個室を基本とした家庭的な施設(グループホーム)で、職員らの介護を受け「共同生活」する事で症状の「安定と改善」が期待されているそうです。

 「00年の見切り発車」と云われた「介護保険」。
だが予想以上の経費が嵩み、「不服審査の申立」が増加していますが、介護の「認定区分」の厳しさは、益々個人負担増へ加速すると予想されます。
 今後の「大きな問題」となるでしょう。と、東京医科歯科大の川渕 孝一教授は、猫の目のように変わる厚生行政に自分で対応できるようにしておくこと。と警告を促しておられます。


 高齢者にとって、病気をしない心遣いがなによりで、日頃の「体力創り」が必要です
安心して老後と最後を迎える事が、非常に難しい時代の到来と云えるのでは・・・。

 このまま「政府の無駄遣い」を続けるようであれば、ほんとに「日本沈没」は免れないと思われます。 無駄を省けない「自民党&霞が関政治」を変えなければ・・・!


      ☆十一月の仏声人語・・・自分を卑下するなかれ!

            <赤ちゃんポスト情報>

[PR]
# by srd52834 | 2007-11-26 15:05 | 知ってシリーズ

ススキの「岩涌山」紀行!

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!

 忙しい季節「師走」となり、山では「ススキと紅葉」が見頃。あさって「南部の岩涌山」へトレッキングを考えていますが、天候がやや気掛かり!頂のすすき・・・きれいだろうな! 報告は、GSC報告をご覧下さい。
b0019581_1551233.jpg

[PR]
# by srd52834 | 2007-11-26 15:05 | トレッキング

廃止せよ!「人事院」

b0019581_1514931.gif


    現社考人事院勧告


        世論読めぬ・?
公務員給与引き上げ



 人事院は、10月8日付けで九年ぶりの「給与引き上げ」('07年度ー八月)を勧告した。現・人事院総裁は世論が理解出来ない「デクの棒」であろうか。
 実施するかどうか、政府の検討が大詰めを迎え、「幹部は我慢」として一部職員のボーナスなどの引き上げを見送る方針が決まった。

 この深刻な財政難や相次ぐ公務員の不祥事、或いは、現在の給与の適正を検証する事無く、現政府・福田首相は決めたようであるが、納得する国民は当然に少ないだろう。

 現在の「公務員の給与」は、本当に適正な額であろうか・・?
 公務員の退職金及び共済年金での受領額等の勘案はなされているのか・・? 一般国民との兼ね合いを政府・与党は考えているのだろうか、一向に疑問は晴れない。(官舎は贅沢)

今、世界では「適正賃金」を巡る決定は、日本の「人事院」のような世間知らずの輩の指摘でなく、世間の声が反映された第三者委員会に、その決定を委ねるのが主流である。

 「民間給与実態調査」自体が不明であり、根拠の提示がなされない現状では、人事院の勧告は納得できない国民が多いのは当然である。

 官僚の専門職の退職する平均年齢が、55.8歳で、ピラミッドからはじき出された者は、外郭団体や関連企業に天下りする。
之に対する「人事院の方針・専門スタッフ職」、来春予定の「新制度」により、定年まで働け、天下りを是正できるとノタマウが狙い通り 制度管理ができるか、期待感は少ない。
 
 安倍政権の批判の矢面だった「社会保険庁」と併せて、公務員制度改革。決めぜりふは「押し付け的な天下りを根絶する」と強行採決したが、法改正の柱・「新人材バンク」の設計は現時点ではまだ。これも制度がうまく機能するとは云えない。

さらに、撤廃回答ゼロの独立行政法人からの企業への天下りも野放しである。その他、公務員の労働基本権についての方向性すら示せない自民党。このままでは、借金大国「日本」の先行きに暗雲立ち込めると批判する「民主党の主張」は納得が行く。

 就職氷河期とか云われ、正規雇用が非正規雇用の半分である現状を勘案しても、人事院の勧告、引き上げに同調した政府。本当に「格差是正」に取組む姿勢には見えない行為であり、現状では、国民の理解は得られないと考える。


      ☆十一月の仏声人語・・・自分を卑下するなかれ!

           <更新コラム>

[PR]
# by srd52834 | 2007-11-15 15:13 | 「現代社会を考える」→時事

<エッセイ>「阿波踊り」

b0019581_15542073.jpg


   <エッセイ>

           「伝統芸能」
阿波踊り!



 今「コーヒー」を戴きながら、その昔、徳島県の夏!「阿波踊り」見物に招待戴いたことが思い
出された。


 やはり「国会議員も踊るのか・・?」。
いま、読売新聞会長・邊恒と元首相・森 喜朗両氏の名が取り沙汰されている。この両フイクサーによる、現衆議院第一党の「自民党」及び、参議院第一党の「民主党」の党首会談にて、「大連立」なる密室の政治手法による打ち合わせをし、かたやの「民主党・党首『小沢一郎』」氏の辞任劇に発展し、結果「元のサヤに」いたる大失態を演じる様は、まさに「踊るアホウに観るアホウ」に思え、滑稽ささえ憶えた。

 相変わらず、「国民を無視」した民主主義を垣間見且つ、資本主義(弱肉強食)を見せ付けられた有権者。いったい「この騒動」をいかなる教訓としたのだろうか・ 好景気に踊った不動産業・IT産業・銀行・証券会社、ほんとに懲りない「日本社会」である。 いや、「経済と云うバケモノ」の為せる業と云うべきか・・。 


 今また、薬害エイズと同じ経緯を辿る「C肝」問題。この投薬「フィブリノゲン」に関し、多くの死者を誘引してる現実にも、厚生・労働省の「国民へのお詫び」は未だ無い。
農水省・林野庁の愚策「みどりのオーナー制度」はたまた、緑資源機構の解体の幻。 そして、「渡り」に羽を休め、「血税を蝕む」霞ヶ関の官僚。 いい加減に「自民党政権の終焉」を迎えないと「日本国」は、沈没する


 この国民の思いも、民主党党首・小沢 一郎氏の「浮かれた踊り」によって、先行き不透明となった。この責任は大きい。
そして、鮮明に成ったのは、民主党の「あやふやさ」であり、国民の政治離れの原因の一つ「政治家不信」の増大であろう。

 死に体の自民党。
フィンランドの「生徒大量殺害事件」ではないが、日本の先生方は選ばれし者であろうか・・? ふと、考えさせられた。 巨大な権力に挑む気構えや、悪を正そうとする正義感が皆無である現代。その昔、「鞍馬天狗」の映画に拍手した親達の姿が眼に浮かび、このまま本当に「ダメな日本社会」が続くのか・・・と心配で・・コーヒーも冷めていた。


     ☆十一月の仏声人語・・・自分を卑下する無かれ! (空しい)。


              <コラム>

[PR]
# by srd52834 | 2007-11-11 16:08 | 時事と号外

「正体見たり・・」迷走!

b0019581_9261514.gif


    現社考男の短歌・?


            <迷走・・うんざり


 党首慰留の情けなさ・・「舌のねの渇かぬ内の啖呵」。これが、参院第一党の姿の実態であり、今まさに、「正体見たり枯れ尾花」の心境である。

 自民党との「大連立」騒ぎで、「混乱のケジメ」とした小沢党首の辞意は、一体何なのか・・? 是々非々の「政策論争」なら、国民の理解もある程度得られるであろうが・・・?
 まことに「無節制」以外の何ものでもない。わずか三ヶ月前の参院選で、「政権交代」を訴え勝利した事を忘れたかのような「小沢党首の大連立構想」は、有権者無視の背信行為である。

 一連の騒動は、党内の「分裂回避の優先措置」との解説が多いが、党内の不満分子も多く「恥を晒して再チャレンジ」と云われても、「民主党の政権能力はいま一歩」とか「総選挙での勝利は厳しい」とまで吐いた言葉は有権者に残り、果して「党内結束」が図れるか否か、たいへん疑問である。


 そして、「情けない・・」のは、そんな小沢党首にすがりつくかの如き「引き留め」にひたすらの民主党のひ弱さである。 ポスト小沢はいないのか・? このまま小沢氏が続投しても、国民の信頼回復は望めないだろう。

 先の選挙で、国民が「民主党」に求めたもの「閉塞ぎみの日本国政治の打開」であり、小沢氏の「これまでの経緯とこれからの方針」の説明無しでは、国民は納得しない。


 ある社説の引用
であるが、「小沢党首は説明責任を速やかに果し、「新しい出発』の為の代表選挙を実施しなければ、民主党の再生はない。」確かに、的を射る解説と感じた。まさしく「国民の後押し無し」での政権交代はありえないし、「腐敗した自民党政治」の終焉を迎えることは、非常に難しい現状に至ったと判断せざるを得ない。


   有権者は、今回の騒動を如何に感じるのだろうか・・? 


       ☆十一月の仏声人語・・・自分を卑下するなかれ!


             <コラム>

[PR]
# by srd52834 | 2007-11-07 09:42 | 「現代社会を考える」→時事