<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「懲りない・・面々」

b0019581_1514079.jpg


   現社考戦い終えて!

      
        <懲りない面々・・・永田町と霞ヶ関>



 ほんに!・・この輩は始末に終えない。霞ヶ関改革にも意欲なしの福田政権、「長州の戦い」による民意の結果を斟酌しょうともしない自由民主党の古株達、もはや、・・・・


        
          <ぜひ!お考え戴きたい>

[PR]
by srd52834 | 2008-04-28 15:17 | 「現代社会を考える」→時事

「長州の戦い」

           
b0019581_14411240.gif


   現社考
長州の戦い!


           <許すな!「暴走」>


 政治の変革のチャンス
。愚者やマスコミの「ねじれ国会」との表現には、うんざり。世界を見てもその殆どがそうである様に、けっして「ねじれ」つまり「異常」ではなく、・・・・


         <つづき>アクセス下さい。

[PR]
by srd52834 | 2008-04-24 14:45 | 「現代社会を考える」→時事

4・30「崩壊・・?」

b0019581_10591866.jpg


   現社考「腐敗した政権」


       4・27 天下分け目・・「山口」補選


 失望・・日本国の長とも思えぬ。「族議員などと『族』を翳すのは如何なものか・!」、まさしく「沈み行く日本」の無責任な「長の言葉」であろう。

 旧態依然とした「官僚主導」の政治を目論み、自民党政治家の智恵の無さを露呈した「言葉のみの改革」をかざし、真の変革の意思無き集団「自由民主党」。さらに・・・・


             <日本沈没・・?>
[PR]
by srd52834 | 2008-04-16 11:04 | 「現代社会を考える」→時事

<オピニオン>「危し・・・」

b0019581_16513576.gif


    現社考ー<オピニオン


         <前門の・・> 如何に!「福田首相」



 「前門に虎を拒(ふさ)ぎ、後門に狼を進む」、まるで抜き差しならぬ・・?福田首相。空手形(道路財源一般化)の効力なく、久しぶりの「党首討論」にて・・・・


                  <つづき>



            GSC<春の嵐>お尋ね下さい。

[PR]
by srd52834 | 2008-04-10 16:56 | 「現代社会を考える」→時事

「もう騙されぬ!」ー<空手形>

b0019581_142753.jpg


    現社考
「空手形」



           <負債40兆を忘れたか・・?


  「このまま突っ走る気か」・・? 福田さん
忘れて貰っては困る「40兆円にものぼる道路公団の赤字」。

 前々小泉首相の「改革一端・道路公団民営化」にて、公団による杜撰な試算に基く道路建設が明らかと成り、大きな国民負担を生じさせた自民党政治を有権者「賢明な国民」は忘れていませんよ!

  さらに、現在「準高速道の8割が赤字、一般国民の血税無駄遣い」が、受け入れられるとお思いか・・? 「せんたく」と称する全国首長の多くの「国民の真意と乖離した要請」も気掛かりだが、もっと気に成るは現内閣・国交大臣「冬柴」氏に劣らず「道路特定財源の維持」に本分を忘れ、傾注する「額賀財務相」。 貴方の役目は「適切な予算配分」でしょうが・・。
 さらに厄介な「利権顔・道路族」顕な「町村官房長官」・「伊吹幹事長」そして、「古賀選対委員長」・「二階総務会長」等々、あまりにも民意を解さない「K・Y」が牛耳る自民党には、ほとほと愛想がつきた思いである。


 その上、首相側近の「二橋」「坂」両氏事務方に左右される福田さん、現・自民勢力は国民の支持による「力」でなく、早期に解散して「国民の真」を問う事が「あなたに残された仕事」である事を忘れられては困る。
  この社会情勢の中、「財政分離を叫ぶ民主党」に結果の見える日銀総裁人材登用も解せぬ!

 ガソリン暫定税率
の期限切れによる「2兆6千億」に関しても、財源不足を国民に訴えるとテレビ出演したが、あくまで「暫定は暫定」であり、59兆円の根拠すら崩れた今、34年間国民を欺き「官僚の言い成り」の継続で私服を肥し、なんら「真の国民の為の政治」を行わなかった無様さを露呈した今、国民の納得は得られるはずも無い。
 財源不足を嘆く前に、独立法人の「無節操な無駄遣い及び隠し金」や公益法人への「交付金」だけでも軽く20兆円の拠出が可能ではありませんか!

 「道路特定財源の一般化」などと旧態依然とした「空手形を切る」など、これ以上の「国民を欺く行為」を取り下げ、「国民の暴動」に発展する前に「政権放棄」を唱え、早期「国民の真意」を具現化し、あまりにも劣化した「政治力のない自民党政権」に終止符を打つべきでしょう。再びの「強行採決による波乱の春」とならん事を願うものです。


      ☆卯月の仏声人語
・・・蒔かぬ種は、生えぬ!


              <春の嵐>お尋ね下さい。

[PR]
by srd52834 | 2008-04-02 14:45 | 「現代社会を考える」→時事