<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コラムーたまには「勉強」!

b0019581_928351.jpg


   コラム参院選「投票」に思う。



          <裏で進む増税研究



  明日・29日は、問題憤出の「自民党政権」の信を問う前段、「参院選挙」です。
選挙結果では、外堀が埋まりつつある「消費増税」に向け一挙に税率改正の論議が進展するものと思われます。(おそらく、EU各国の十数%が検討されるでしょう)


  これには、基礎年金の国庫負担を二分の一に引き上げると云う「大義名分」があり
これに必要な経費は2兆5千億円とされ、実に消費税1%分に相当します。

  財源の永田町共通理解は「消費税アップ」です。理由として、政府税調の大竹文雄・大阪大教授の研究による「消費税に逆進性なし」が大きく影響しており、「消費税率引き上げの障害は無い」と判断した結果でしょう。ご存知のとおり、「逆進性とは、低所得者ほど税負担が重くなる」事を表わします。しかし、この大竹研究には多くの学者が疑問を呈しているのも事実です。生活必需品への課税がなされている「日本の消費税」のあり方では、私も「疑わしい研究」と考えます。
 

  今春、総務省が打ち出した「地域格差の是正策として、地方法人2税を国に返上する代わりに地方分の消費税率を増やす」とする案は、財務省が難色を示し「消費税が上がる時に、地方取り分を変えればいい」と「虎の子」の取り分が減るのを認めていません。

  とにかく、永田町・霞ヶ関共に「消費税アップ」への布石は着実に進み、各業界団体の「それぞれの反応」もすでに「了承」と解しているようです。


  政党及び候補者の「訴え」には、消費税増税に関し一言の説明は有りません
が、参院選後直ちに「政府税調の消費税率引き上げ」の答申が出され、秋の「法整備」へ着々と下準備が整っている現実をしっかり見極めなければならない「大切な選挙」であること、肝に銘じて頂きたいと思います。


  「消費税」上げる前に無駄を座を省く事が肝要!
 「あなたの一票の大切さ」に留意され、棄権を避けて「明日の明るい日本」創造の為、こぞって投票しましょう!



            <知って下さい>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-28 09:38 | 「現代社会を考える」→時事

「国民」を欺くのか・・?

b0019581_14523371.gif


閑話なぜ・?



            <「口つぐむ」-増税!>


 「第21参院通常選挙」・・29日・・来週の日曜日に迫りました。期日前投票も間に合います。ぜひ「棄権」を避け、こぞって「国民の権利」を投票行動に替え、棄権の無い・国民の明日の為の選挙にしたいものです。
 
 さて、先月皆さんは「給与明細」或いは、「自治体の納付書」を見て、総務省の云う「増税では無い」との説明を如何に信じられたでしょうか・・? 「定率減税の廃止」と「税源移譲」に伴う住民税の引き上げ。 子育て世代には、とくに「重い税」を実感されたのでは・・と思慮します。


 今回の「21参院選挙」の戦術により、候補者の「本音」が聞こえません! 政府税調の口を塞ぎ肝心な「消費税率引き上げ」が選挙争点より除外され、国民を欺く「参院選挙」に納得できない一人です。(目的税以外を認めれば「際限なき増税」が始まります。)
 確かに、「国がきちっと仕事をするには、お金は必要です。税金の引き上げは、少子高齢化の日本には当然必要でしょう。だが、この「重大問題」が、候補者及び各政党の「投票お願い」の訴えに聞こえない現実は、国民を欺く行為以外何ものでもなく、「国民の錯誤」を促す如き選挙運動が残念で成りません。

 首相の「消費税を上げないとは、一言も云ってない」或いは、「財政削減に努力して・・」などと国民・有権者の目先を晦ませる演説など、説得力は皆無である! と思います。 現政権には、「国民の本音」が一向に届かない。「戦後レジューム脱却」を目指すなら、議員自身がもっと国民と交わり、「国民の本音」を吸い上げなければ、政治が国民と乖離する現実は変わらないでしょう。



 日本を変えよう! 皆さんの「権利」を行使して・・・「政治を変えよう」ではありませんか・!

        知って下さい!<選挙・比例区の仕組み>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-26 15:04 | 「現代社会を考える」→時事

考えようー「参政権」

b0019581_1831934.jpg


    閑話何の為・?誰の為・?


              <選挙>


   ☆ 気に掛かる・<参議院の投票率>

 第21・参議院選挙が近づいた。7月29日の「投票日」は、勝敗と共に「投票率」にも注目したい。

 今年は、12年に一度の「統一地方選挙」と参議院選挙が重なり、前例を鑑みても「投票率の低下」が気に掛かる。

 若い力を「日本丸」の安全航行に発揮して欲しい
ものですが、全体の「意識レベル」は低い。そして、選挙の投票率が過半数ぎりぎりでは、本来の「国民の為の国民による政治」の実現は程遠いことに、有権者は留意しなければならない。

 高齢化が急速に進む日本、若者の将来に夢を抱かせる様な「社会構築」の為にも、ぜひ、前例を覆す「投票率」を達成したいものです。こぞって「投票」しょう!


    税金は「お前達」のものでない!・・・<またの不祥事>・・・

  「政治の流れ」を変えよう!

 ☆ 教訓「政権」も長く安泰であると腐敗し、取り返しのつかない失策を犯す!


 厚労省の「監修料」に異論!「国保交付金」算定ミスは、ソフト・・?陰に「高額監修料」の授受!(約8千万円)

 国民健康保険の「特別調整交付金」を国が市町村に過少交付していた。問題の算定ミスの原因である「電算ソフト」は、厚生労働省の監修を得ており、引き換えに高額の「監修料」の悪しき慣習が継続されている実態が明らかになった。

 結局、交付金の還流であり、05年、国の「補助金・経費」で作る本などの「監修料」の受け取りを禁止したにも拘わらずの実態は、奢った役人の「正体」が見て取れる。

 官僚や国会議員にとって「法律は誰の為」と、全てに「疑惑」を感じざるを得ない。


     ☆ 知っておきたい・<請願と陳情の違い>


 自分の住まいする「自治体」に住人が「議員にお願い」する制度。請願は、「地法自治法」に規定され、紹介議員を通して議会委員会で討論される。また、陳情は何等規定されず、議員に問題を取り上げるよう要請するものです。

 これらは、伝統的な住民参加の手段と云われています。 しかし、全国的にこれらが「有効な機能」とは云い難く、議員が「地元の意見」を聞いたと云う自己満足に浸らなければ、「住民参加」の有効な手段と成るのだが・・・。

 選挙・投票行動へのモチベーションとはならないものでしょうか・・・。「投票は国民の義務」、忘れないで欲しいものです。


         <選挙への指針にお役立て下さい。>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-13 18:17 | 「現代社会を考える」→時事

いい加減にしろ!

b0019581_15372012.gif


   現社考「政治とカネ」再燃

    

         <いい加減にしろ!>
自民党員の激白!



 「美しい国」日本! 言葉に酔う「安部首相」。うんざりである!「安部」さん。
時の人「赤城 徳彦」農水大臣、よりにもよって「疑惑の一切の説明も無く自殺した松岡 利勝」議員の後任ではないか・・。

 そして、また「同じ文句」のくり返し、まさに先国会において「数の力」を以って成立させた「改正政治資金規制法」が、如何に「ザル法」であり、決して「急ぎ成立」の必要性のない法案、抜け道だらけの上に「この法律が具体的説明を拒む『口実』に使われ、腐った仕組みを「成果」として奢る「安部政権・与党」による政権は、一日も早く終わらせなければならない。(公明党は、いったい何であろうか・・・「そうは・・・い神崎」が懐かしい)


  「政治の流れを変える『参議院選挙』です」!


 安部首相の「改革の意志なし」は、HPコラムで紹介しているが、いいかげん「甘言による国民を欺く事」を止めさしませんか・・・!

 小渕内閣での「恒久減税」の約束をあっさり破り、総務省の「増税ではない」とのウソの説明も、当NPOがブログによりいち早く説明の通り、6月の給与明細或いは、自治体よりの請求書により既に明白。くだらない「成果を主張」する現政権に「明日は無い参議院選挙」としなければ、「将来の日本」は沈没の憂き目遭う事は立証されたと考えます。  国民が熱く見守れば、「野党共闘」による政治運営でも大丈夫です!!


 「しっかりしろ!」有権者。
「首相曰く、私は消費税を上げないとは言ってはいない」。一国の首相なら、「日本語を正しく使え」と云いたい。税審の審議を「参議院選挙」の為に答申すら封をして、「甘言による選挙運動」は、まさしく「国民を欺く行為」であろう。 年金問題の整理は、あたり前! 自慢に値せず。


 仲良し組閣もいいが、「赤城問題」の誤魔化しはもはや通用しない。「問題ない」とか「しっかり説明している」などの赤城擁護に国民はうんざりだ。 この農水相に対し、「資料を示し、具体的に『説明責任』を果せ! それが政治家の『基本的な倫理観』である」と なぜ・・指導できないのか・・?


 結論は全国民解っている!
 「自民党議員の90%の議員が不自然な経理処理をしており、「赤城問題は、氷山の一角」でしかない事がバレる怖さつまり、「大爆弾」である事を!


 さて、次は「有権者の資質」が問われる 「第21・参議院議員選挙」の公示日に因み、敢えて訴える!



 「政権を変えよう」!国民の権利をはっきり表明し、本当の「主権在民・民主主義」を確立しなければ、やがて「日本丸の沈没」は、近き将来いや、すぐに表面化するだろう。 「ばか国民」呼ばわりの戦後政治や政治家を淘汰し、「将来の明るい日本」に変えませんか・・・! 「誰に投票してよいか判らない・・・害の無い共産党に投票すれば」と提言します。
 


     ☆七月の仏声人語・・・「己」を大切に!そして、好きになろう!

           <コラム>ぜひお尋ね下さい。

[PR]
by srd52834 | 2007-07-11 15:54 | 「現代社会を考える」→時事

「提・苦言」

b0019581_1924179.jpg


    コラム現社考



          <「ブロガー」への「提・苦言」



 「ブロガー」。俗に云うブログ配信者であるが、2チャンネルの暴走に看られるとおり、「己の社会的責任」および「己を拘束する責任」を負い或いは、感じながら「配信」に携わる人々は、日本の「何でもOK」の現状では残念ながら、先進国の内「最低」と評されても「しかたない」(意味あり、後段に)と思う。


 日本に於ける「ブログ」の解釈が、「ライブ・ドア」のホリエモンに代表される「勝手し放題」であるように、「文化の向上」や「人間的研鑽」などを目指す「之」は皆無に等しい。


 個々の責任を追及する積りはない。だが、その個々の「人間の資質」と云うものが常に問われ、その重要なファクターをクリアーし「小さな声が大きな声に」と転換せしめる「セミ・メディア」の一翼を担っている現実を理解できる能力の持ち主が非常に少なく、現実は、誹謗・中傷に奔りがちである。

 もともと、「自己発言」がブログの基本であるが、マス・メディアとは異なった「個人の意見」が簡単に配信できる故、考える余裕の無さが見て取れる。他人との「口頭によるコミュニケーションの苦手」とか、引っ込みがちなど「他人との意見交換への手助け」が、之の「本来の目的」である事に異論は無い。「己の思い」を日記に綴り、配信する行為は決して間違ってはいない。 かと云って、この行為がややもすると「誤った方向」へ陥る過ちを孕んでいる事に気付かない者も少なくない。


 今一度、「ブログ」とは・・又、T・Bとは・・どのような意味を持ち、他への影響は・・とか・・?「思慮できる人間育成の一環」とする日本の「文化あるブログ」の氾濫が望まれる。


 「人間の資質」の点では、久間防衛大臣をはじめ「地に落ちた」議員や官僚が多発する問題の渦中人、「阿部首相」。この人の、長崎県民の推薦に奢り「しかたがない」と被爆者および市民並びに被害者家族の反発を、如何に感じているのだろうか・・? やはり、論功行賞的な内閣人事での欠陥を露呈し始めたと云わざる得なく、首相としての「資質」も当然であるが、最高権力者としての「任命責任」は、感じるものでなく「切腹の引導」を云い渡せる「度量」が必要であり、決断の出来ない「安部 晋三」なる人物は、「長(おさ)たる器に非ず」と云わざるを得ない。


 近年、総体的に「日本人の地位」と「学位」が地に落ちた状況を目の当たりにして、このごろの時世を憂う。首相の「慰安婦問題」や失脚した大臣達の「歴史認識」の程度は、非常に情けなく、「自己啓発」のできない人種の蔓延りは、将来の「沈み行く日本」を象徴しているようで、「日本の文化・人間の基本」である「もったいない」の言葉の及ぼす意味を、もう一度「深く理解」して欲しいと考える今日である(少しでも「意義」が通じれば、うれしいな!)



     ☆七月の仏声人語・・・「己」を大切に!そして、すきになれ!

 
              <コラム>更新!

[PR]
by srd52834 | 2007-07-04 19:38 | 「現代社会を考える」→時事

「いのち」の重さ!

b0019581_11451343.gif


   閑話ひとの「いのちの重さ」!



             <尊属殺人>



 法改正により量刑は変わったが、痛ましい事件が多い。
ほんとに「荒んだ世の中」への変化が顕である。

 昨日の「京都・伏見」の事件では、父親の「勝手な思い」での「殺人」の可能性が強いと、仲間を通じ連絡が入った。


 「親がいなくなる」事態は、子にとって確かに「不憫」と誰しも思う。が、己の自殺願望に巻き込まれた三人の子ども達はたまらない。しかも、我が妻にも多量の睡眠薬の投与が視られるらしく、当局による事件の解明が待たれるが、  いずれにしても、

  「死にたければ、人に迷惑を掛けぬよう一人で死ね!」

と声を荒げたい。 


 将来ある子の命を奪う権利など誰にも無い。例え、我が子と云え親権を振りかざす「バカ親」にも有ろう筈が無い。「子どもの虐待・絶滅運動」を地域的に展開するNPOの一員として、非常に腹立たしい事件である。

 最近の30~50歳の親に看られる「未熟な親権者」。 親自身が、核家族とやらで「親との同居を拒み、結果、親としての『大切な心構え』も伝承されず、ひとり悩む」。
 京都の事件はやや違うらしいが、このパターンが増加する一方「我慢する事」を教えられていない子どもの増加による「困った事件」が数多く視られ、併せて「いのち」に対する思慮のなさを憂う昨今が悲しく、空しい。


 当然ながら、「ひとの親」は、親権者としての責任を踏まえ、それなりの「行動」をして欲しいものです。 今回の事件は、ぜひ、家庭内で「話題」とし、親子・家族みんなでじっくり話し合って欲しいと思います。


                <悩みの相談室>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-03 11:51 | 「現代社会を考える」→時事

聞こう!「天の声」

b0019581_13184764.gif


   現社考迷走「通常国会」閉幕



          <強行突破>
失われる民主主義・・?

   国民は「鈍感」であってはならない!これでいいのか・・日本?


 「政治とカネ」に絡み「松岡大臣自殺」、噴出した「年金問題と不信」。
そして、常軌を逸した「強引な国会運営」は、異例の国会延長におよび「国の基本に拘わる重要問題」の審議だけに「国民なおざり」の儘、歴史に汚点を残し事実上閉幕した。

 「ものの府・良識の府」と云われる「協調の府」の筈の「参議院」。審議を尽くし、法案反対であっても最後は野党も合意して採決する。 これが、「日本の歴史」と云われた参議院である。

 参院には、通常「衆院」を通過した法案が送られ、「参院無用論」を避ける為か・・十分な審議時間を確保し、野党の見せ場もつくり法案を成立させる伝統がある。今回の「参議院」は、「無用」と云わしめる結果にしか、国民には写らない。


  <重要>
今国会の「採択議案」の問題点を、「有権者・国民」は理解しているのだろうか・・?


1、国民投票法・・・憲法改正の手続きで必要な「ルール」を定める。

 最低投票率の弊害による、低投票率による憲法改正の正当性に疑義が生じるだろう。憲法改正は、国民一人ひとりの将来に綿密に関係するだけに、「憲法審査会」の慎重な審議を望みたい。

2、改正イラク特措法・・・航空自衛隊の活動延長。元々「誤った視点」による参戦である。

3、教育三法・・・教員免許更新などの導入。ある程度の規制はやむを得ぬ・・?

4、改正政治資金規正法・・・政治資金団体のみ、5万円以上の経常経費に領収書添付。

 ザル法も大穴ザル法と云わざるを得ない。これこそ、「国民投票」にて法律を作るべきで、国会議員に自ら「タガ」を決めさせてはならない見本であろう。

5、社保庁改革関連法・・・社保庁解体。非公務員の「日本年金機構」を設立。
 
 社保庁の「賞与」一部自主返納、「まやかしのパフォーマンス」であり、民間意識の欠如がありある。返納でなく、賞与など与えるべきでない。民間企業であれば倒産である。
 なぜ急ぐ・・?「国民の声」と首相は云うが、社保庁の永年に亘る杜撰な管理・過ちの全体像とその原因をはっきりさせてから再発させない組織と運営方法を改革べきである。

6、年金時効廃止特例法・・・年金支払い時効(5年)を撤廃。

 当然の措置である。「国民の掛け金」であることを考えれば、そもそも(時効制定)の考えが異常である。これが「霞ヶ関のキャリアの能力」の程度であり、一事が万事と云える。

7、公務員制度改革法・・・「人材バンク」を創設、天下り規制強化など。
 
 中央省庁の「天下り」は目に余る。カネの亡者の増加に、「首相曰くの美しい日本」に深く関与している「人の有り様」を形式ばかり気にする「安部」氏には、幻滅感が漂う。

 問題ある「委員会採択」の省略。「中間報告」とは、本会議で多数を持つ与党が「国家公務員改正案」を審議する参院内閣委員会の採決を省いた上、「委員長の中間報告」を強要し、本会議で採決・成立させる「奇襲中の奇策」と云われ、「禁じ手」と云われている。「急ぎ採決の必要なし」!

          <まとめ>

 どれもこれも「重要法案」である事は理解できる。だが、こんな「強行運営」つまり、数の論理・数の力による「偏った国会運営」は、多くの弊害を懸念する。さらに、「朝鮮総連」の詐欺事件も同様、霞ヶ関キャリアの能力程度をはっきり具現した「事実」を直視し、崇める必要のない事を肝に銘じよう! さらに、「バカ国民」と侮る永田町議員達を、来る「参議院選挙」で葬る事を忘れてはならない。


  (注)期日前投票・不在者投票7月13日(金)から28日(土)棄権しないで責任を果そう!

        ☆七月の仏声人語・・・「己」を大切に!好きになれ!

               <「悩み」相談室>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-02 13:43 | 時事と号外