<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

厳重注意!「特効薬」?

b0019581_13573562.gif


<ご注意>
 考えよう!「慎重に」   



         厚労省異例の「未明の会見!」
  


 21日未明、厚労省の異例な会見を観た。
問題のインフルエンザ治療薬「タミフル」の副作用か「異常な行動」の症例が2つ報告され、未成年患者への投与が禁止された。ところが、この発表はいい加減であり、厚労省役人の姿が浮き彫りとなった。


 この医薬品は、先頃厚労省・研究班々長(ある横浜の大学教授)が勤務する大学に寄付行為(輸入元・中外製薬)があり、このタミフル服用者の異常行動との「因果関係」が取り沙汰され、この薬による「被害者」の父親の「不信感」が報道されたばかり。(HIVの血液製剤事件の記憶が甦る)


 会見によれば、因果関係を認めたモノで無いにしろ、未成年患者(10代)へのタミフル投与はしないようにとの喚起を促す内容であったが、今後色々と物議を醸す事は間違いないと思われる。

 それにしても、暖冬の影響か・? 例年の「インフルエンザ流行期」は、5週間遅れと指摘されるだけに、老人を抱える家族・子を持つ親の心情を考えれば、来月の中旬まで心配が募ることと思われる。(高熱脳症)


 22日、事務次官は「因果関係」の見直しの可能性を示唆する会見をして、1800事例に関する再調査を発表したが、残念ながら、薬事課の「課長の天下り」の影響は無いのかとの疑問には追求の姿勢は看られない。役人の「責任の取り方」を閣議決定して欲しいものである。現状は、余りにも「無責任」であると感じる。


      ☆(急告)


 旧「林野庁」による『分収林事業』に拘わる「被害対策協議会」を検討中! 農水省の身勝手さを告発する準備を進めています。この被害に遭われた方は、早急に「住所」「お名前」を当NPO事業団へお申し出ください。詳細はHPへ!

    被害の訴え→http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/

[PR]
by srd52834 | 2007-03-23 14:05 | 「現代社会を考える」→時事

旧・林野庁の「原野商法」を訴える!

b0019581_1782331.jpg



   閑話消さるる「国民の叫び」



     <旧・林野庁(現・農水省)の「原野商法」訴える



 小泉政権より阿部首相へと政権が変わり、「官邸への国民の声」が届かなくなった。忌忌しき事である。
如何に安部政権が見せ掛けであるか、国民の『官邸メール』が受理担当者によって葬られ、5人もの「補佐官」を配置しながら、その用を足さない現実は許せない。

 確か「広報担当の補佐官」は、国民の声に対し、敏感に反応する体制をマスメディアにても語っていたが、全くの「見せ掛け」で、以前「飯島秘書官」が、小泉政権を支えていた頃とは別の方向へ変化した事を物語っている。


 例えば「世耕補佐官」、安部政権の「公平と公正」の有り様を堂々と述べながら「国民の叫び」に関し、「拘わりなし」の姿勢であろうか・・・? 塩崎官房長官にては、「何事にも筋を通す」とまで表明しておきながら、実態受け皿のない姿に唖然とさせられる。
 

  先日、旧・林野庁の「原野商法」を「官邸メール」にて訴えた。ところが、「官邸メール」の整理担当者の段階で、霞ヶ関へ回され、官邸には届かなかった。現政権の正しい判断を求めたものであったが・・・残念。

 この様な「不都合な真実」が担当者によって「たらい回しの事実」は、メール受理整理担当者の構成も問題であり、(役人排除が必要)このままでは「国民の声」は、一切 内閣府に届かないと考える。(多忙は承知の上である)

 「五人の補佐官」、心ある一人でも居れば、この様な「被害者の声に鈍感」な事態は避けられたと思う。 三十年前の「林野庁の不正」を見逃す又、訴えをたらい回しする様であれば、「法に訴える以外術なしの『一般国民の叫び』」は、報われないと判断せざるを得ない。


 前小泉首相の言葉ではないが、「政府の支持率には鈍感でも良いが、国民の声には、真摯に対応」のとおり行動すべきであり、非常に大切と感じるのだが・・・!

 ☆「拝啓・内閣総理大臣殿」との啓発が、再び必要な「政権」に変化したのだろうか・・?


      ☆(急告)


 旧「林野庁」による『分収林事業』に拘わる「被害対策協議会」を検討中!農水省の身勝手さを告発する準備を進めています。この被害に遭われた方は、後日「住所」「お名前」を当NPO事業団へお申し出ください。なるべく早く詳細を「HP」でお知らせします。

    http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/ 近日報告!

        
           <コラム更新>   

[PR]
by srd52834 | 2007-03-15 17:19 | 「現代社会を考える」→時事

もう!「納会」

b0019581_1311522.gif


    GSC月例報告



         <一足早い「'07SKI「納会」



 世界的暖冬。関西地域では「暖冬」により総体的にさみしいスキー場の様子です。

 我GSCとしては、異例の「納会」を去る27~3/2・3泊4日で「信州・白馬」へ出掛けました。


 現地もご他聞にもれず「雪不足」が深刻でしたが、予想通り28日未明より降雪があり八方尾根・兎平で40cmの新雪。主たるコースの「全走覇」できた事が、何よりの成果でしょうか・・。 とにかく、ここの4コースの内2コースが '98長野オリンピックの際「男女滑降」に利用されたコースで、特に「中部以西」のスキーヤーにとって「一度は挑戦したい」と希望する「グレードの高い」場所でしょう。

 最近の白馬・その内でも「八方尾根」は、オーストラリアより訪れる人が多く、特にそのボーダーが多く、私が昔、NZ・タズマン氷河にて訓練した頃が偲ばれました。


 さて、私が「八方尾根」を訪れたのは30年振り、ゲレンデ及び機動力の充実には驚きました。なぜご無沙汰かと言えば、中間達の「技量」の問題があった為で、その仲間達も、(7年前の春「貸しスキー」利用、岩岳スキー場で「プルーク・ボーゲン」より始めたシニア)今や「急斜パラレル」の技量となり、やっと「この日」が迎えられたのです。(因みに、GSC会長・鹿海氏は71歳)

 新雪の「リーゼン」「スカイライン」他全コースは、あいにくの「ガスと降雪」にて滑り辛いにも拘わらず、全員完走できた事は、やはり「人生何事も継続が大事」である事を再認識させられた次第です。

 今納会は、岩岳そして栂池とジプシーしましたが、やはり「八方尾根」のスケールと変化に富んだゲレンデは、他の追随を許さない、それ程の魅力を全員が感じたと確信します。

 さて、いよいよ春です。今月からは「登山・トレッキング」の報告となります。今月は、残雪の山・滑落訓練を予定しています。 世間では「団塊の世代」の言動が注目されていますが、ぜひ「心と身体」を鍛える或いは、衰えさせない為の方策をお考えになり、「トイレの心配なし」と言える「第二の青春」を楽しんで戴きたいと思います。我GSC(ゴールデン・シニア・サークル)では、一定の約束事を守って頂ける方のご参加を呼び掛けています。現地参加も可能です。多数のご参加をお待ちします。


      <朗報>

 今シーズンからか、白馬・岩岳スキー場は「ハイ・シニア無料」(70歳以上)の特典が実施されています。現在、上部の積雪は「100cm」以上で、今月中は充分楽しめそうです。(年齢証明必要)

[PR]
by srd52834 | 2007-03-08 13:18 | トレッキング