<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

号外ー「不都合の真実」映画紹介

b0019581_13251489.gif


 号外ー33
[heads-up]


 
          「温暖化」・「F・SEX]深刻!



 深刻さが伝わらない!!!
 現日本のブロガーと云われる者の大半に看られる「文章を読み取る力の無さ」、日本の荒みが理解できる様である。との批判が当然かもしれないと思われる。


 「気象の不順」、
アメリカの批准も問題ですが、「ポイント・オブ・ノーリターン」! 残された時間は、あと僅か・・・

 南極のサンゴの白化、さらに北極の氷が溶け、20世紀のたった100年にして、地球の温度は0.6度も上がっている。
学者定説は、1.5度の上昇が「元に戻せない」リミットとされています。
 

 先、中国政府の発表「気候変動に関する国家評価報告」によると、「2020年迄に中国の平均気温は、00年と較べて1.3度~2.1度上昇し、降水量は、2.3%増加するも『水不足』は深刻化する」と予測。今後も、異常気象の傾向が強まりそうである。


 近き将来、海面上昇が続き、チベットの凍土は、5mも薄くなり、ソ連の凍土が溶け「メタンガス」の危険性が叫ばれ、内陸部の牧草の量が減り「食料難」への影響は深刻であると云われます。
 

 寒さで知られる「ニューヨーク」で、今冬未だ一度も雪が降っていないし、ワシントン市内の植物園では「一部の桜」が狂い咲きしているとの報告も受けています。
 

 一方、アメリカ海洋大気局(NOAA)は、北大西洋の海水中の塩分がここ50年間で0.2%減少し、潮流(熱塩循環)が乱れ、ご覧になられた方も多いと思う・米映画「デイ・アフター・トゥモロー」と同じような世界に変化しつつあると警告を発しているが、非常に無責任と感じます。(議定書未批准)


 今日から公開される「不都合な真実」
(米・前副大統領ーゴア氏の原作)、ドキュメントですが、ぜひ『家族で観て欲しい』映画です。(原作も書店に並んでいます。読む価値は充分にある書籍です。)


 日本も「チーム▲6」を「京都議定書」批准以来、様々な取り組みを試行錯誤の段階であるが、心配なのは、この国の「国民の意識」の程度であり、宇宙飛行士「ガ・ガーリン」の言葉「地球は青かった」を守る為「ひとり一人が『何』ができるか」をしっかり考えなければならない事です・・・・。



       ☆1月の仏声人語
・・・「もう一度」の勇気を持とう!


             <フリーSEXの逆襲>

[PR]
by srd52834 | 2007-01-20 13:40 | 「現代社会を考える」→時事

閑話ー「年賀状」

b0019581_14214537.jpg



         閑話
1葉の「年賀状」に思う・・



 朝日・木村 伊量ヨーロッパ総局長から内閣総理大臣・安部 晋三氏宛に申言す「年賀状」を読ませて頂いた。
 安部政権100日の歩みを皮肉ったものでありながら、的を得た論説に思われた。(以下要約と私見)


 昨年、小泉政権より安部政権に引き継がれる折、「外交センスも決断もある。阿部首相は大宰相になれる。」と多くの国民が期待し、賞賛した人が多かった。ところが、彼の歩みの方向は、いまだ明確でなく、遭難しかけの「安部丸」の体を表わし始めている。


 郵政民営化に造反した議員の復党や、道路特定財源見直しを巡る姿勢の後退、さらに、当初に懸念した「彼の組閣のあり方」。案の定「政府税調会長」・「閣僚の不始末」etc.


 残念ながら、
安部政権を支える取り巻き連中の「資質の問題」は、この先の暗雲を予測させるに充分過ぎるきらいがある。



 この国の薄っぺらさを露呈した「タウンミーティング」。
このT/Mは、アメリカ・民主主義の根幹であり、草の根民主主義に占める役割の大きさや、欧州での自治に欠かせぬものとして息づいている現状にも拘わらず、欧米とは、似ても似つかない「お手盛りの官製談合」の裏を暴かれ、小泉政権当時のT/M実施責任者として如何に反省しているのだろうか・・?


 阿部首相は、
同郷の幕末の思想化・高杉 晋作を敬愛してるらしいが、長老の顔色など気にせず、改革に猛進し、活路を開くべき「草莽の志士」と成り得るか、欧州の首脳に名刺を配り歩くだけでは、失望と冷笑を買うだけではあるまいか・・・。と。



 皆様には「この年賀状」、如何に感じられるのでしょうか・・?
 いずれにしても、「憲法改正」「教育改革」への意欲を除けば、「日本はどんな国を目指すのか・・」、自ら語る哲学を一日も早く「明快なメッセージ」として聞きたいものです。「美しい日本」・「再チャレンジ」では、何をしようとしているのか一向に解りませんが・・・・・  阿部さん!



        ☆1月の仏声人語
・・・「もう一度」の勇気を持とう!


 
            <HPよりコラムへどうぞ!>

[PR]
by srd52834 | 2007-01-11 14:36 | 「現代社会を考える」→時事

初滑り!!

b0019581_15261755.gif


 GSC新年号



           '07シーズン「初滑り」報告!




 年末 '07シーズン・イン「初滑り」に兵庫県・ハチ北スキー場へ行ってきました。人工降雪によるゲレンデでしたが、アイスバーンでたいへん良い練習に成りました。

 最近は、カービング・スキーへの変革により、滑り方自体も変化している様に感じられますが、「スキーの基本」に変化は無いとに思っています。


 スポーツとは、
一般人にとって「楽しむ」ものです。私は、40年前に「指導員資格」を戴きましたが、スキー技術の変化はなく、基本は「プルーク・ボーゲン」と考える一人です。(確かに、最近のスキー板と靴は「回転の易さ」は感じますが・・・非常に重い)
 

 さて、アイス・バーンと云えば、一般スキーヤー・ボ-ダーにとって「非常にやっかい」な雪状況でしょう。エッジを立てすぎれば、転ぶ。かと云って・・・暴走が待っています。

 結論は、スキー板の上に立つ「姿勢」が全て
と云っても過言でありません。 雪状は標高によって微妙に変化します。かって、ワールド・カップ日本代表で活躍され、現在志賀・よませスキー場で、後輩の指導に日々努力されている「海和 俊宏」プロスキーヤーが常に云っておられましたが、「己の足裏で、その場の雪状が把握できる」事が「安全なスキー」の為の必要条件でしょう。と・・・


 そこまで達する事は一般人には不可能に近い「高等技術」ですが、良き指導者の下、彼らの指す注意点を素直な気持ちで聞き、彼らの滑りを「ものまね」する事が上達への最良の方法です。


 近況は、「地球温暖化」の影響をもろに受けてか、降雪量の減少は目を覆うばかり。
人間が地球に生かされている現実を、大切な「子どもや孫」へ伝える事も、大切な「親の役目」と考えます。

 そして、「自然の大切さ」を教え、且つ、家族の絆をも培って戴きたいと切に希望します。
 


 さ、新しい年、「月が替わっただけ」などと冷めた考えを捨て、今年「己にとって何ができるか」をお互いに考えたいと思います。 今年もご愛読のこと、宜しくお願い申し上げます。



       ☆1月の仏声人語
・・・「もう一度」の勇気を持とう!



           <更新コラム>お尋ね下さい。

[PR]
by srd52834 | 2007-01-08 15:38 | トレッキング

受験生「必読」!

b0019581_1524954.jpg


    号外
32


     
          「受験戦争」
受験生「必読」!



 恒例の受験シーズンです。
阿部内閣の教育再生会議にて、9月新学期を多数の委員が具申するも、結果は「文科省」の役人に遮られ、とても「民意」の反映される気配はない。
 

 さて受験生諸君、あなた達にとって今大切な事は「体調を崩さない」事である。その秘訣は、「石鹸で手を洗う」・「マスクを何時も着用する」この2つにある。気付いた時に手を洗う、そして、ガーゼを分厚くしたマスクを、寝る時以外利用する。多少吸気に最初は苦労するも直ぐに慣れ、肺活量が上がる。さすれば、末梢血管に鮮血が行き渡り、脳の活性化に繋がる。さらに記憶力も増大する。
 

 留意点は、手を洗う場合「水道水」を利用し「温水」は避ける。そして、手のくるぶしまで丁寧に石鹸で洗い流す。特に、頭がぼんやりとした時に効果を発揮する。



 余談ながら、
私が「登山」を12歳の時に、富山・立山で山小屋を生業としていた叔父に教わった。その時云われた事が「肺活量」のこと。子どもと云えど「鍛錬」により大人に負けない吸引力を養う事ができ、取り入れる「空気」の量が増えると「脳」も活性化されると・・・。
  
 今でも初心者の「登山希望者」には、普段より「マスク」の活用を奨めている。(鼻から吸い口から吐く=腹式呼吸である)さらに良き事は、周りの害虫(競争相手達)が、風邪と誤解して寄って来ない。など集中心も保てる。


 さ、「受験で人生が決まるものではない。気楽に挑め!」
つまり、ケセラ・セラの心境にて・・・ガンバッて来い!!



        ☆1月の仏声人語
・・・「もう一度」の勇気を持とう!


               <「悩み」相談所>

[PR]
by srd52834 | 2007-01-05 15:35 | 「号外」シリーズ