<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「海外旅行」必見!

b0019581_12385538.jpg


 <豆知識>

  ☆政府広報

      「海外旅行の注意」・・・海外トラブル・・・必見!

       HP=http://www.mofa.go.jp/anzen  
 

      <ジニ係数>
ーいま問題視すべき!



 これは、所得格差を測る代表的な「指標」であり、「一人が全ての所得を独占した状態=1、全員の所得が同じ=0」で表わし、その指数が1に近いほど「所得格差」が大きいとされる。
 経済的格差の議論が盛んであるが、この「ジニ係数」も注目されている。だが、これの欠点に、高齢化が進めばこれが上昇し、全体的の正確な指標とならないことであろう。


 例えば、全国消費実態調査の年間収入で視た場合のジニ係数は、'89年=0.293、'99年=0.301、'04年=0.308となり、「30歳未満」と「50歳代」で格差が広がる傾向が見て取れる。なぜなら、「30歳未満」は、・・・・


1、正社員比率が低下し、正社員と非正社員の格差が反映された。

2、大企業と中小企業との賃金格差が進んだ。


 ・・・・・などが考えられ、この調査対象が2人以上の世帯のため、フリーターの単身世帯は含まず、現実の格差はもっと「大きい」可能性がある。とは云え、この指数の格差の主因は、「高齢化」であり急激に格差が開いているとは云えないかもしれない。


 そもそも格差の無い社会など存在しない。
だが、親世代の格差が子どもに続き、格差が固定化して人々に「理不尽さ」を感じさせ、希望が持てない社会が定着すれば、社会の活力は失われ、殺伐とした社会と変化するであろう。よって、


1、透明で信頼できる賃金制度

2、正社員・非正社員の格差是正 

3、転職を支えるインフラ整備 

4、相続税の見直し 

5、公的教育の充実


  等政府・企業の「格差固定の防止」施策が必要であろう。
その為には、価値観の多様化の推進が格差問題を越え、社会が活力を取り戻す解決策と「日本総研の山田氏」は云うのだが・・・? 有名な大盗賊「石川五右衛門」の、「浜の真砂は尽きるとも・・・・」が、ふと脳裏を過った!


   ☆四月の仏声人語
・・・「自分の持ち味を生かそう!」


      <信頼できる「相談相手」大切に!>


[PR]
by srd52834 | 2006-04-27 12:46 | 「現代社会を考える」→時事

「現社の影」ー非行

b0019581_11303474.gif


 社会問題ー「非行」


  
        <子どもを守る>
-増える「準構成員」



 子どもを守ることを考えるとき、「犯罪者にしない」意識が必要と大阪商大・谷岡教授は説きます。そして、「しかり方」の大切さにも留意が必要で、厳しすぎる家庭も甘すぎる家庭も、親が「教えの一貫性」を以って接していれば非行には走りにくい、とも。 


 今、「子どもの見守り隊」の設置や「GPS」の所持等が検討されている
が、いずれにしても、社会全体の「犯罪数」を減らす方向に持っていく必要があります。しかし、暴力団の人数が減らないし、最大組織「山口組」も膨張している報告もあります。不気味なのは、実態のはっきりしない「準構成員」の増大であり、一般市民に紛れ判別しずらい状況が心配されています。


 ☆警察用語では、「準構成員」のことを次のように表わします。☆


 「生規メンバーではないが、暴力団と関係を持ちながらその威力を利用して不法行為を行うか、資金提供などで組織の維持・運営に協力する者」で、「周辺者」「関係者」とも呼ばれる。現在その数は、「構成員」の43,000とほぼ同数と視られている。


 例えば、03年に摘発された山口系暴力団「旧五菱会」ヤミ金融組織は、数百の末端店舗を抱え、巨額の収益を上げていた事例を覚えているだろうか。そこで働く従業員は、求人広告への応募などで採用され、その多くは「元暴力団幹部」が統括している事を知らなかったとされている。


 このように、市民が裏社会に引き込まれ、知らぬ間に協力者となるキッカケはどこにでもあることが憂慮されます。
「覚醒剤」「窃盗」「傷害」「詐欺」から子ども達を守る方策はこれといった妙案はない。子どもの非行が即「暴力団」と結びつくとは云えないが、親の責任として「社会の悪」を根絶することを目指したいものです。



    ☆四月の仏声人語
・・・「自分の持ち味を生かそう!」


        <大切です!「心の相談所」>


[PR]
by srd52834 | 2006-04-20 11:39 | 「現代社会を考える」→時事

「アルハラ」って・・・?

b0019581_9241017.jpg


  知ってますか・・18



        無くそう!<アルハラ>



 これは、大学や職場での「歓迎会」のアルコール「イッキ飲み」のこと。
やらせる方はゲーム感覚でもやらせられる方は拷問であり、急性アルコール中毒にて「死亡」にいたる場合の増えるこの時期、ある「市民団体」がユニークな試みを今年も「コースター」を作成し、「イッキ呑み」防止キャンペーンを展開している。


 今年の「テーマ標語」は、「イッキは飲まザル」「これ以上飲まザル」などのメッセージの描かれたサルのコースターを作製し、送料着払いにて希望者に無料で配布しているそうだ。



 飲めない人でも楽しくお酒の場に加われる一つの方法として、「新成人」達に利用をお奨めし
たい。


   <申し込み先>
ー「イッキ飲み防止協議会」

     ●TEL=03-3249-2551

     ●HPアドレス=http://www.ask.or.jp/ikkialhara.html



   ☆四月の仏声人語
・・・「自分の持ち味を生かそう!」


      <延命中止>ご意見を!

[PR]
by srd52834 | 2006-04-13 09:31 | 知ってシリーズ

さりげなく!「五月病」

b0019581_13324788.gif


 時事ーオピニオン



           <五月病>



 今年も新人が陥り易い「五月病」の季節を迎える。
(財法)労務行政研究所が「社員のメンタルヘルス(心の健康)対策」を発表した。結果、この3年間で「うつ病」や「心身症」など「心の病」を訴える社員が増加しているらしい。そして、1カ月以上の「休職者」のいる企業は、50.9%に達しているとも。年齢別では、30代=39.6%・20代=27.6%・40代=18.7%の順位であるらしい。


 原因
として考えられるのは、ここ数年リストラで上の世代が削られ、下は採用が控えられてきた。また、成果・能力主義の人事査定で会社人生の選別に晒され始め、「役割や責任が重くなり、ストレスを抱えている」と分析される。そして、この対策に関しては、「心の健康対策を目的とするカウンセリング」「電話やメールによる相談窓口の設置」をする企業が多く、病気の早期発見に注意を払っている企業も目立つと云う。


 特に、この「五月病」に対しては、新人教育の期間が重要と位置づけ、「人間関係の構築」「通勤等の煩雑」「睡眠不足」等を担当教官に留意するよう指導する企業も増えた。そして、「まず楽しさ」を抱かせるような仕組みを「新人に与える」ことを忘れず、「生きる術」のような難しい教育はさける企業が多い事も、「時代の変化」と捉えるべきのようである。



 されど、今日の「新人」は「自己中心的」
で且つ、夢の世界(バーチャル)にて物事を考えている若者が多く、大人に成りきれない者が多数で、相談できる友人を数多く持つ「新人」は少ない。やはり、子どものうちから「スポーツ」に親しみ、「一定のタガ」の下での「精神鍛錬」が必要との結論を出しているのが興味深い。



     ☆四月の仏声人語
・・・「自分の持ち味」を生かそう!



       <困った時、お尋ね下さい。>

[PR]
by srd52834 | 2006-04-07 13:40 | 「現代社会を考える」→時事

山の遭難に思う!

b0019581_1652728.gif



 <訃報>に思う!



         春山の遭難・・・
<高齢者登山>



 近年、健康志向の「登山ブーム」と言われ、高齢者の登山が急増している。なぜ、毎年遭難が多く発生するのか・・?  健康維持のための「死出の旅」などあってはならない事である。


 「登山」とは、一般人が考えるほど容易いものではない。
何度も経験を積み且つ、天気図や目的山の地形が読める事は云うまでもない。そして、個々が団体行動における役割分担を理解する事が、安全で且つ楽しい登山となり健康維持にも役に立つ、忘れられない「思い出」創りとなるのではあるまいか・・・。


 3月の「春山」で遭難された五名の方々のご冥福をお祈りしたい。
たしかに、幾度となく経験を積んでも事故は避けて通れない場合もある。要は、登山に励む「覚悟」であろう。特に、雪山の気象は目まぐるしく変化する。最終的には登山者の「これに対応できる」経験が「生と死」を別つ。(爆弾低気圧)


 死者に鞭打つ積りでなく、「安全で、楽しい」登山には、全国都道府県の「山岳会」が年に数回の講習会を開催している。 出来る限り(特に初心者・中級者)これに参加され、「非常時の対処法」を学び、且つ、指導に基づく経験を積んで欲しいと考えます。余談ながら、「雪山」の指導では随一と思われる「白馬」にて講習を実施されている「長野県山岳連盟」の受講をお奨めしたい。


 例え「近郊の低山」を目指すにしても、それなりの「訓練」が必要であり、基礎知識を習得された上でのパーティー編成を考える必要があるように思える。と云う「我がとしより軍団」も出来る限り「技術の習得」に計画を建て参加を呼び掛けているが、なかなか思うような成果は得られていないのが現状である。


 老いが進むと、「本」を読むにも根気がなくなる。
しかし、「山」で死ぬ事は許されない事を考え、日々鍛錬と知識を知恵にする努力が必要であることを考えなければ、(「山に登る資格」が欠落している自分を発見しなければ)良い成果は望むべくもないことを知らねば成らないと考えます。健康維持の為の「楽しい登山・トレッキング」を目指す方は、日々の鍛錬に尽きます。 そして、リーダーは万能ではありません。 個々の心構え、「日々少しづつ勉強しながら山に親しむ」心構えが大切ではないでしょうか。

 初心忘れず、続けることも肝要です。
(いつも自分に言い聞かせています。)


 追記
ー4月4日栃木県日光・男体山でご夫婦の遺体が発見されました。くれぐれも「気象」には配慮し、楽しい「登山」を楽しんで欲しいものです。



         ☆一度お尋ね下さい。
 
[PR]
by srd52834 | 2006-04-05 16:13 | トレッキング