<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「死刑」もの申す!

b0019581_13112886.gif



 法務省にもの申す!


         永すぎる17年ー「死刑確定」



 日本は「確かな法治国家」である。
世界に類のないくらい「安全」と位地づけられていることは、「警察庁」のガンバリそのものとして、国民の大多数が認めている。だが、こと裁判事情となると一変する。「判決決定」までの時間が他国と比べて「非常に長い」と云わざるを得ない。


 原因は、「裁判官不足」と「弁護士の職権乱用」にある。
特に、最近の「法廷進行」を看ていると、この「乱用」が際立つ。 昨日、死刑が確定した「重犯罪人・宮崎 勤」にしても、法廷が弁護人によってずるずると引き延ばされている感は否めない。余りにも、憲法37及び刑法39条の弁護人による乱用である。


 なぜ、法務省は「一定のタガ」を規定できないのであろうか・・?
 明治憲法下での「裁判」は、確かに強権的で「不公正な判決」がなかったとは云えない。ただ、当時の「代言人」(今の弁護士)の活動は、許される範囲と解釈している。



 「法律」と云うものの役割の一端には、「犯罪の抑止」の効果が期待されている。
どうも現弁護士達には、これらの事が期待できないような「活動」が目立つ。宮崎事件以来、我が国の犯罪事情に「変化」が看られたであろうか・・? まったく、弁護人の横暴と裁判官の無気力さと評しても余りある状況下と言えるであろう。


 このように事件を風化させていては、残された被害者の心情はいかばかりか、判決が確定したとは云え「非常に重い心」と云えるのではなかろうか。
弁護士に「正義感」は望めない、ただの「商売人」に成り下がったのだろうか・・・? 「弁護士の名誉」に奮起を期したいものである。


 さらに、ヒューザー社長・小嶋氏の証人喚問における「補佐人」。議長はなぜ、この弁護士を退席させなかったかも問題であるが、今の「弁護士の有り様」を問う に「一石」を投じたのではなかろうか・・・・。



 ☆一月の仏声人語
・・・「そのうち」より「今のうち」


  
  <お尋ね下さい。>


[PR]
by srd52834 | 2006-01-19 13:24 | 「現代社会を考える」→時事

GSC-月例報告

b0019581_121139.gif



  GSC-<月例報告>


         久しぶりの「ポンポン山」紀行!



 12月の「忘年月例登山」が、メンバーそれぞれの事情により「中止」となり、約60日ぶりの登山となった1月12日(木)、早朝より久しぶりの青空の中を大阪・北摂にある「加茂勢山=678.9メートル」に軽いトレーニングを兼ね登行した。

 予想に反し、580メートル辺りより、「残雪」があり、
非常に滑り易い登山道であったが、我々GSCのメンバーにとっては「ホームロード」であり、心地よい登行であった。

 中腹の「本山寺」には、「毘沙門天」の祀られ、修験道場を併せ持つ有名な社寺
であり「お参り」は欠かさず励行している。


 今回、頂上にてお会いした「奈良県」からのバスツアー一行(女性30人・男性15人)の方たちの話では、その殆どが「健康の為の登山」と答えられていたが、難点は「仲間と足」だそうで、我々が「下山後の温泉」の話をすると、大多数の人が「羨ましい」と囁かれているのを聞き、我が身らの「ありがたき情況」を噛み締めつつの下山となった。


 この季節の気象は、午後の保障はない。
我々が「頂上を出発」する折は、太陽が燦燦と輝いていたが、残雪の消える頃には、青空は曇天と化していた。早速「樫田温泉」に! やや疲れぎみの身体を癒し、ライトドリンクを戴き帰路についた。


 解かりきった事であるが、「継続は力なり」と言われる通り、僅か1回の「月例」を中止しただけで、身体の反応は違った。シニアにとって、この違いは大きい。人間を永くやってきたが、「怠惰」は、厳禁であると戒められた思い。これより「山歩き」などお考えの方は、何事も同じように「こつこつと日々努力」を忘れてはならない。

高齢化社会と言われ、その「健康維持」を、それぞれお考えの「シニア」。「初心忘れず日々これ努力が大切」です・・・!


 次回は、福井県・そば処「今庄365」で有名な「やすらぎ温泉」三昧とスキーのご報告をします。ぜひ、お尋ねください。



☆一月の仏声人語
・・・「そのうち」より「今のうち」


[PR]
by srd52834 | 2006-01-17 12:21 | トレッキング

どう思う・?「法律」の裏表

b0019581_12292514.jpg



  閑話ー貴方の考えは・・・? 


 
        <製造物責任法>の影響



 '85年以降、特に顕著に観られる「使い捨て」。このPL法(H6法律第85号)の制定以来、あらゆる製品のちょっとした「修理」もせず、また部品が無い為に不可との理由に於いて、総国民が物の「ありがたみ」や「もったいない」の心を失ったかのように「怖い慣れ」にどっぷりと浸っている。

 しかし、このPL法なるものの最大の欠点は、
この定められた期間(10年)の為に、特に「電化製品」、しかも個人でも可能な「修理部品や付属物」が製造されなくなった為に、丁寧な使用による「製品の寿命を延ばす賢い主婦」の結果に応える事すらできない、「非常にアンバランスな世の中」に変化しつつある事をお気付きであろうか・・・?


 結論は、
「使い捨て時代を過去の遺物」とし、「もったいない」を重視する社会に脱却しなければ、「粗大ゴミの集積庫」と化すであろう「日本」に憂いを抱くのは、老婆心であろうか・・?それ以上に、こういった考え方が「心」の有り様すら「殺伐とした社会」へ変化させている事に、気付かなければならないと想うのだが・・。


 今回の「松下電機産業」の温風器の問題にして、このPL法の「欠陥」の一部が露呈しているにも拘わらず、この「欠陥の部分」の見直しの機運すら生じない「現代日本の狂った一面」として捉える必要を訴えたい。

 確かにこの法律は、本来「欠陥製品の責任を問う」ものではあるが、二階 俊博 経済産業大臣の「製品安全に関するモラルの問題」と批判するは易しい。だが、欠陥製品による事故再発を防止し、消費者の安全を確保しようにも、国事態が有効な手立ては持っていない。同省の安全課は「関係法令について何らかの整備が必要」と云うが、ただ頭を抱えているのが現状である。


 対応後手後手の松下電器も問題ではあるが、製品の引渡しより10年間で時効は仕方ないにしても「部品と付属品」は、販売数の20%の在庫管理の期間を延長する事により、メーカーの対応も変化すると考えられるのだが・・・。 ご意見の投稿、お待ちします!



       ☆一月の仏声人語
・・・「そのうち」より「今のうち」



         <少子化問題>お尋ね下さい。


[PR]
by srd52834 | 2006-01-11 12:40 | 「現代社会を考える」→時事

「年頭」にあたり・・・

b0019581_13185071.gif



     頌春
   おめでとうございます!


 年頭にあたり、一言。
「人と人のかかわり」を重きとし、殺伐と化した「現代日本」に風刺を交え「いつかの変貌」を望みつつ、筆を執ることとします。ぜひ、きながにお付き合い下さい。


 さて、今年の干支は戌。
江戸時代頃より動物の「いぬ」に例えられるようになり、現代っ子達に「戌」は、数字の「十一」を表わすことが意外と知られていない。江戸後期の作家「滝沢 馬琴」が書いた「里見八犬伝」(岩波文庫)は、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」が描かれた「書」であり、我が親父より勧められ幾度となく読んだ覚えのある「懐かしい本」のひとつである。
 
  

 (注)国立「国会図書館」のサイトに、「馬琴の自筆稿本の画像」を一度ご覧戴きたい。

http://www.ndl.go.jp/exhibit/50/html/catalog/c067.html  

 今年は、「せめて 子どもたちが安心して戸外にて元気に遊べる日本」を取り戻すべく、継続して「草の根運動」を続けたいと考えています。そして、「いきる」という非常に難しいことに関しても様々な「苦言」を呈しながら楽しみを探し、皆さんと一緒に歩きたい。いつか「目覚める若者」が一人でも多くなることを願いつつ・・・。 



       ☆一月の仏声人語
・・・「そのうち」より「今のうち」!

 

  何時なりとお尋ね下さい。きっとお役に立つものと確信しております。

           「NPO青少年厚生文化事業団」

[PR]
by srd52834 | 2006-01-05 13:26 | 「現代社会を考える」→時事