<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

オピニオン「総選挙」6


  オピニオン「総選挙」6
    



         <不要議員の整理>2






 元「全特」の息子・ 新井 広幸氏(参議院議員)が、自民党執行部の措置を「迫害」と評している。この造反者の「中途半端な民主主義論」には、聞く耳を持ち合わせていないし、各方面での『情緒感覚』でのお喋りは、感心しない。 (亀井派の特性かも知れない。)






 一方、棄権議員の一人・大仁田 厚氏にしても、その主張に一貫性が看られないのは、なぜだろう・・? おそらく、資質の問題であろう。





 だが、不思議なのは「麻生大臣」の取り扱いに関する事である。確か「大臣を罷免」した筈で、新大臣を発表した後も、伺いを裁てる場面があるそうである。小泉さんの「この行動」は理解に苦しむ。






 さて、「造反」前議員に対する自民党執行部の動向が注目されているが、府・県連との「基盤屈折」は様々な問題をはらんでいるようだ。注目なのは、「漁夫の利」を得る政党には注意が必要で、選挙人の動向も見逃せない視点となるであろう。






 元首相・橋本 龍太郎氏(岡山4区)は、「当選のすべ」を失い退陣せざるを得ないが、世襲になる様である。もういい加減に「おらが町的利益誘導」の選挙・政治は、終焉
に近づきつつある筈なのに、やはり、自民党は、「変革できない且つ自浄作用のない党」を脱却できないのだろうか? この橋本と云う人物の「もの言い」は、非常に問題があり、今の官僚の「おごり」の源である罪は大きい。だが、引退によって「東京地検」の 取調べも進展するのでは、と期待されるが・・・。







 ところで、「政党の体」をなさない、意味の薄い政党は消滅させ、議員の定数を削減し、「本物の『小さな政府』」に行革されるか、小泉首相の力量を確認しなければならない事を、「選挙人」は忘れてはならない。但し、「共産党」の正常な・?「社会風刺」の方策は、注目したい気持ちも残るが、やはり「赤」の時代ではないようである。

 



       <「義務教育」に進言をお願いします。>

b0019581_17164873.gif

[PR]
by srd52834 | 2005-08-15 17:26 | 「現代社会を考える」→時事

オピニオン「総選挙」5



 オピニオン「総選挙」5




         <問われる是非>






 「郵政民営化」。
わかりやすく説明すれば、『資金改革』が目的である。



 と云うのは、郵貯と簡保と云う「官」の資金を「民」へと振り替え、経済を活性化させる==これが、小泉首相の目指し経済界も期待したシナリオである。







 要するに、巨額資金の流れを変える為の第一段階として、01年に始まった改革、「財政投融資制度」であるが、この巨額資金を旧大蔵省・財務省の資金運用部に集め、特殊法人等に配分、そのほとんどが公共投資の資金源として利用され、結果「無駄な箱物」や「不用道路」の財源となっていた為、 財投債や各機関が発行する財投機関債で、原則として、市中から資金を調達する制度に変えた。しかし、この制度では未だに本来の目的である「無駄使いの抑制」に至っていない。







 そこで小泉さんは、「悪の根源」とされる「官」の資金、郵貯・簡保への政府保証をなくして、資金が民間金融機関に流れ易くし、さらに、之の運用も民営化された各社(四分割)が、自由に行うを原則としようとした。 そして、この巨大資金を使っている政府系記入機関の改革に着手し、さらに、国の<一般・特別会計>の歳出見直しをする方針であったが、「造反者」によって妨げられてしまった。







 マスコミも一般国民も悪い。
「郵政民営化が良く解らない」との答えが、70%以上で、ほんとに無責任な人や番組が多かった。なぜなら「改革制度の学習」すら努力しないで、ただ「解らない」と喚く人種が多かった事実は、「将来の日本」にとって非常に残念でならない。





 「解らない」とか「学習に時間のない」人達は、「自分は『本来の仕事』でガンバリ、改革の『柱』は、有識者の様に『勝手な意見』の持ち主に頼るのでなく、賢識者に任せる」と云った「洗練された民主主義」の仕組みを、一日も早く理解しなければ、「日本の明日」はないに等しいと懸念される。




  お解かり戴けたでしょうか・・? ご質問は何なりとお寄せ下さい。





     クリック!!<ご意見お願いします>(募集=募集文科省)


b0019581_16122590.jpg

[PR]
by srd52834 | 2005-08-14 16:13 | 「現代社会を考える」→時事

オピニオン「総選挙」4

b0019581_15575376.gif



  オピニオン「総選挙」4




        <不要議員の整理>






 小泉首相の「不惑の決断」に慌てふためく議員が目立つ。特に亀井・小林両前議員の動揺は、はっきり見て取れる。





 近畿比例選出だった 森岡 正宏前議員は「信念を持って棄権した」と吼えた。何とふざけた主張であろうか・・・国民の代表である「意味」を履違えてはいないか・・・?


 この種の議員は、選挙に於いては選挙人の希望・要望を聞いている振りをしているが、「洗練された民主主義者」とは大きな隔たりを感じる。







 さて昨日、自由民主党・東京都連は、今回の「造反者」に対して「支援・応援しない」旨を採択した。(当然の結果である。)
これで、マスメディアでの「強気発言」の元通産官僚・小林興起前議員の「あさはかな判断とおごり」は、然るべく抹殺されるであろう。







 一方、広島六区の亀井 静香前議員は云うに事欠いて党執行部の措置を「安政の大獄」と評しているが、見苦しき「あがき」以外のなにものでもない。





 すでに、キャリア官僚の驕りや政党人のモラルに欠けた「輩」には、退陣させる準備が「選挙人」にはできている。従来の様に「選挙人」を甘く見ていると、情報が全て露呈する状況下においては、直ちに「葬られる」事を肝に銘じるべきだろう。








 この人も忘れない内に一言、綿貫 民輔(富山3区)前衆院議長である。旧橋本派で、これと言った「政治実績」の持ち主ではない上、過去の「おらが町の為」時代の影を色濃く残す「シーラカンス」であり、議長職にしても、派閥の遺物でしかない。 過去のそれも残す意味のない者は、当然に消滅するのが道理である。







 とにかく、「日本の・国民の将来」を考え、人々の代表である事を噛み締め、子ども達に託せる「輝ける日本」の創造の為の捨石とならざる議員は、「不要」であろう。





        <小泉首相と靖国>

[PR]
by srd52834 | 2005-08-13 16:10 | 「現代社会を考える」→時事

オピニオン「総選挙」3



 オピニオン「総選挙」3
    



          <不要議員は葬ろう!>






 東京10区の「小林前議員」を許すな! 抹殺されて当然であり、非常に見苦しい。
官僚出身の驕り「国民をなめた」威厳の現れが、ことここに至っては益々許し難い。本人の「反省どころか、亀井前議員に勝るとも劣らない資質の人物」であると、確信が持てた。







 さて、私が最初と云うか、直接話が聞けたのは、ボランティアで九州・長崎・普賢岳の被災地を訪れている時であった。




 元警視庁のキャリアと言われた亀井元建設相の、被災者の集会での「恫喝」とも言える言葉を聴いた時は、驚いたものである。





 大勢の被災者に対し「傲慢な態度ともの言い」、あっけに獲られた事を思い出す。被災者のお一人が、国の対応について質問した折、傷心の被災者へ「何を言ってるんだ」「国は国としてやる事はやっている。」との発言であったが、その場にいた者には、「貴様ら如きに何がわかるか」と聞こえた。





 その場は、被災者が「彼の剣幕」に驚き、収拾したが、現在マスメディアに良い様に利用されている事さえ気付かず? 吼えている「立派な信念」????は、とても「筋の通った意見」と言うより、「あがき」にさえ思える。はっきり申せば、「貴方にその資格はない」と言いたい。







 広島六区の選挙人、地元の「利」による選択は、いい加減に止めようではありませんか!!
  「若い力」を集結しょう!







 さて、昨日小泉首相は、この度の解散を「郵政・ガリレオ解散」と名附けたと報道された。その昔、「山が動いた」と話題を呼んだ議員がいたが、いまやその「山」も確固たる基盤のものでないと思われる。(派閥の事です。)









 今回の「選挙」に立候補される人達には、「将来の日本」を見据えた「民主主義」と政党人としての「モラル」を損なわない人物の擁立が待たれ、又、期待したいところである。







 余談ではあるが、民主党・鮫島氏(東京10区予定候補)の「発言」、自民党の断末魔、見学に!とは、・・・この男の「資質」にも問題が在りそうである。(「沈黙は金」なのに)







     9・11 選挙人の資質も問われる、重大な選挙と心しよう。






           <困り事、ご相談下さい。>
b0019581_15291095.jpg

[PR]
by srd52834 | 2005-08-12 15:29 | 「現代社会を考える」→時事

オピニオン「総選挙」2

b0019581_10182721.gif




  オピニオン「総選挙」2



        <目覚めよ!! サムライ>




 ☆お問い合わせに関するお断り・・我NPOは、中立の立場をスタンスとしています。






 さて、先郵政法案に反対し、「反対者は、公認しない」の判断に、何を血迷ってか「公認」の命綱を求めている姿勢は、非常に見苦しい光景である。特に、亀井静香前議員を筆頭に、元通産官僚・小林興起前議員(東京10区)には、「いい加減にしろ!」と言いたい。どうしてこんないい加減な主張が罷り通るのか、こんな人物を支持する人がいるのか不思議だ。






 この男の姿勢を看れば、「官僚の体質」そのものが見える。民主主義を翳すなら、己の行動も当然に多数決に従うのが、政党人の最低の「モラル」ではないのか・・?
  資質を問いたい。





 選挙人も問題である。
昔と違い「おらが町の為に」の選挙では、「日本」は決して良くならない。島根県のあの人のお膝元では、不要な道路がひときわ目立つ。しかも、同じ所に三本もの「立派な道路」があるが、走っている車は皆無に近く、耕耘機が走る。(無駄な「箱物」は、数知れない。)





 「選挙」は、自己の利益や己の波長でだはなく、「人物」を選出しなければならない。







 小泉首相の「マニフェスト」を守ろうとする姿勢は、8・9の世論調査57%支持に看られるとおりであり、「造反者」に対する憤りも理解できる。



 そして、徐々にではあるが歴代の首相の誰もが手を附けられなかった「派閥」を、この四年間で無きに等しきものとした功績は大きい。  小泉首相の「改革」は、絶対に遂行させなければ「明日の一歩」は、消滅するでしょう。 そして、「改革」は、頓挫のまま放置されかねない。






 「郵政法案」の審議は、衆議院100時間・参議院80時間、将来の日本のビジョンの描けない前全国会議員の「バカさ」を露呈した結果であろう。







 小泉首相は、今後も「変な妥協」のない、子どもに託せる「将来ある日本」の構想を、自らの声で、国民にもっと「説明」すべきでしょう。
そうしなければ「ヒトラー」に例える人種が増え、目標であり、約束の「改革」が進まないでは・・・・ そして、欲張りながら、政党人の「モラル」の低下も防いで欲しい。







 党執行部は、東京10区に、現環境大臣をぶつけ、立候補させると発表した。これくらいの「憤り」の表現は当然であり、
メディアで喚く「小林前議員」を擁護する「日本人」は、いないであろう。当然の「報い」であり、小気味いい「しっぺがえし」だと感心している。






            <ご相談賜り処>



[PR]
by srd52834 | 2005-08-11 10:39 | 「現代社会を考える」→時事

オピニオン「総選挙」

b0019581_15483347.jpg



 オピニオン→「総選挙」
    


          <夏の陣>
 




 奇しくも、9・11総選挙、グラウンド・ゼロが思い起こされる。「閉塞日本」の激震となるか・・?「日本国民の平和ボケ」の度合いが、問われる時が来た。



 解散の賛否は様々であるが、この「ポイント」だけは外してはならないと思う。 それは、「改革の後退は、許されない」事である。




 自由民主党内における「権力闘争」であろうが、小泉さんの「小さな一歩」を支持する一人として、肝心な「ポイント」について考える。




 今回の「解散劇」は、実に「あざやか」、憲法7条に関しては、本ブログ、号外12,13と 時事「政治家の損得」を参照戴くとして、閉塞状態にある「日本の若者」が『主役』と思えば、憂いもある。が、とにかく、若い力を発揮し将来の日本の礎となる「総選挙」にして欲しい。





 世界は瞬時に変化・進化している。「日本の若い力」で、今回の反対派の持つ「古いしがらみ」や「玉虫色の決着」より政治脱却させて、子ども達に「明るい未来」ある、改革を推進してくれる「新自由民主党」を育てて欲しい。





 俗に云う、「国民の為になるのか・・?」この種の人間に「改革前進」は、不可能。
 改革とは「小さな一歩」から始まり、修練され、本物となる為の「プロセス」を否定しては、 明日の日本はない。





 「小さな一歩」の火を消しては、又、 「小泉」殺したら、日本の改革は、止まる。    それで良いのか日本!  若者達!





 若い力の台頭こそ、新生日本の「夜明け」となるチャレンジへの序曲ではあるまいか・・・!



        「風を起そう・・若い力」で・・・・




  ☆八月の仏声人語・・「にらみ合うより、ゆずり合い」

 


        <コラムへの招待>

[PR]
by srd52834 | 2005-08-09 15:57 | ニュース・ 寸評

「でたらめ」 その2

b0019581_14415120.gif


  号外ー14




    ’05「概算要求書」に思う
ーその2




<国交省>
 



 作業着と偽り、福利厚生費とは別個に自分達の「リクレーション」の為のユニホームを・・・。普通に考えても「自分達の遊び着」まで国費で賄う神経が理解できない。全国の国交省事務所の内464ケ所が不正に計上、総額¥6,890,000-。 これも「氷山の一角」でしかない。




<経産省>




 官房企画室には、多額の「裏金」がプールされていた。これは、特殊法人「自転車振興会」からの「研究費」名目による経産省の外郭団体の残金を官房室が預かるシステムになっているらしく、官房企画室には、昨年度の段階で¥24,000,000-累計蓄積されていた。



 悪いキャリアー・官房企画室長がこれに目を附けて、インサイダーとも疑える「株取引」の資金として流用、¥800万円懐に入れていた。怒りは、この職員の処遇にある。なぜ、「懲戒免職」にせず「諭旨免職」なのか・?



 8/3 「省庁ぐるみ」の新事実が発覚・・・「号外」ー16 で報告!




<厚労省>




 「雇用保険」の掛け金つまり「サラリーマンと雇用会社が応分に負担して毎月収めるものであるが、この掛け金を利用して「雇用促進住宅」を全国で約14万戸(土地・建物で約1兆円)を建設、趣旨は「昭和36年、廃坑による炭鉱労働者支援であったが、昭和47年以降この利用目的が著しく本省の意向により変更され、雇用保険料を納めていない「公務員」が利用、中には「住宅手当」を受けている者までいた。





 「赤字大国・日本」それもそのはず、中央省庁の官僚に「節制」する風潮など皆無であり、支出のチェック機能の働かない現状では、「増税」は続くでしょう!





      「シーリング」とは・・<豆知識>




 翌年度の予算編成前に、各省庁の要求額の上限を定めたもので、「天井」とも言う。毎年7月末をめどに「閣議了解」として決め、この基準に基づき各省庁が8月末迄に「予算要求」をする。そして、財務省が査定し、年末に「予算の原案」を作成する。





  ★八月の仏声人語・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」





          <日野原先生語録>



[PR]
by srd52834 | 2005-08-06 15:00 | ニュース・ 寸評

「初登山」その2

b0019581_17162569.gif



  「富士山」 初登山



リポート <その二>   宮田 和彦





 七月14日2日目、
6:00起床。雨は降っていないが、強風・霧が濃く今日は頂上を目指すだけなので、ゆとりのある出発・9:30であった。傾斜がきつく、足元は瓦礫で歩きにくい登山道であり、すぐそこに頂上が見えているのになかなか到着しない。約2.5Hをかけて頂上に到着、噴火口及び登頂記念に「写真撮影」を行い、頂上郵便局より日頃迷惑を掛けている「愛妻」へ“暑中見舞い”を出した。(登頂の良い記念になるだろう!)





 風は相変わらず強く、早々に投宿した。「消灯19:00」「起床3:30」と説明され、これが「山小屋」の生活かと思いながら、床に就いた。しかし、頭が痛くなかなか眠れない。「高山病」か「風邪」か・・?「明日は大丈夫だろうか・・?」考えている間に睡眠。 「明日も安全に」・・・・・







 15日3日目、
4:00起床。霧が濃く、風も強い。ご来光は見えるか・・?ご来光を観る為の多くの登山者が「休憩所」として小屋を利用する為、宿泊者にとっては気分の悪い扱い方である。ましてや「高山病」?か、頭の痛い私には追い討ちとなる辛さであった。予定より1H早く「小屋」を出発、外は風が強く立っているのがやっとと云う中、8合目の「赤岩舘」を目指し下山を開始、「赤岩舘」に到着した時点で「高山病」はほとんど治っていた。




 「赤岩舘」でゆっくり休憩させて戴き、再び下山開始。途中、「砂走り」を経験し「宝永火口」を観ながら、予定どおりの時間に出発地・富士宮新5合目に帰着した。




 3日間の「汗と垢」を落としに「天母の湯」に向かった。「お湯」の有難さと、全員無事下山に「リーダー」に感謝! 感謝。




     感想:「富士山は、遠くから観るものである」
・・・・?





   ☆八月の仏声人語
・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」





         <ご意見お願いします。>
b0019581_1712267.gif
(文科省)


[PR]
by srd52834 | 2005-08-04 17:17 | トレッキング

でたらめ !

b0019581_1842744.jpg





  号外ー13




      '05「概算要求書」に思う!
ーその1




    <中央省庁のでたらめ!>
 (ほんの一部です)



  シーリングの季節、財務省も苦慮している。が、しかし・・




<社保庁>




 何かと問題の多い「廃庁」すべき無用の長物は、新年度「予算」申請に於いてもまったく反省の欠片もない実体を晒している。





 過去六年間、一度も実施した事のない「綱引き大会」の予算・六億円の架空請求を計上、収支の帳尻だけは、ちゃんと合わせている。さらに、集金の際に必要として、「電卓」一台何と¥15,000-×312台が必用だと計¥4,910,000-(電卓の機能すばらしき物=¥3,000が普通)、さらに、使ってもいない「ポケットベル」使用料として¥22,800,000ー。こんな慣習の罷りとおる省庁に、いくら「有識者会議」を設置しても、意味のない「ダメ省庁」であり、もっと国民は「怒る」べきであろう!




    「架空請求の実態」は、後日報告します。




<内閣官房>




 この部所で使用されている「朱肉」は、一缶/¥42,000もする「最高級品」でないと、用を足さないらしい。庶民感覚など一切ない。




<外務省>



 大使の要望にて「絵画」¥13,200,000- こんな物が外交上必要なのか・・? 「日本の外交」ほど、何もせず且つ、効果の上がっていない国はない!、さらに、盆踊りセットで¥5,300,000-と餅つきセット¥1,620,000- 挙げれば切がない程に「腐り切っている」・・呆れるばかりである。







 小泉さん、早く「自民党を潰す」約束を実行して欲しい。
「郵政民営化」の反対議員達は、「国民の為にならない」と反対しているが、「特別財源」にメスが入るだけでも、国民のためになる事を忘れるな!と言いたい。






 日本の政・官は、既得特権の上に胡坐をカイテイル。すべて、『ぶっ潰す必要あり』、
それからでないと「増税」は「全国民の総意」として、反対大運動を呼びかけなければならないだろう!!  「増税反対」と・・・!





 ★八月の仏声人語・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」




     <奮ってご意見お願いします>詳細
(文科省)


[PR]
by srd52834 | 2005-08-03 18:44 | ニュース・ 寸評

「初登頂ー富士山」

b0019581_17451115.gif



  ’05 富士登山 (原文の儘ご紹介)

 

      「富士山」
 初登山リポート <その一>      宮田 和彦





 一度は登ってみたい山「富士山」。
頂上からはどの様な景色を観ることが出来るのか期待が膨らむ。


 富士山に登る為続けた「ウエートトレーニング」2年、体力に自信はあるが、高山病にならないか不安が過ぎる。天気予報では「雨」、不安だらけのスタートである。






 7月13日初日、
朝5:00枚方出発、名神・東名高速とドライブを楽しみ乍、順調に時間が経過した。又、目的地に近ずくにつれ心配していた天候も、我々を歓迎してくれているかのように晴天となり、富士宮新五合目に到着。軽い「昼食」を摂り、富士宮口より8合目を目指した。




 7合目より下界を見下ろすと、丁度飛行機内より観る景色と同一で、雲海が広がっていた。尚、所々に残雪があり「高い山」に登っているとの実感を噛み締めた。




 8合目の宿舎「赤岩舘」を目指し登ったが、すぐそこに「小屋」が見えているのに、近くて遠い道程だった。思ったより客は少なく、小屋の方々も気持ち良く我々を迎え入れて戴き、気持ち良く一夜を過ごす事が出来そうであった。





 強い風の音ばかり聞こえていたが、疲れの為、熟睡。「明日も安全に」・・・・・


         <続きは、次回に!>




 ☆八月の仏声人語・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」




        <ご意見お願いします。>
(文科省)


[PR]
by srd52834 | 2005-08-02 17:56 | トレッキング