<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「ホントにホント」-13

b0019581_164572.gif



  ホントにホントー13




             前回の事例に学ぶこと!





 詐欺の実行行為は、人を「欺もう」する事である。「欺もう」とは、人を騙して犯人の思う壷に被害者をハメ込む事なんだ。このメカニズムは、刑246条をお読み戴くとして、詐欺罪の「立件」は、非常に難しい事がお解かりになるでしょう。




 さて結論は、
A氏の行動は「泥棒」と同じで「欺もう」→「錯誤」→「処分行為」と云う詐欺罪のパターンに属さない行動であり、詐欺罪は成立しない。よって、A氏の行動は「利益窃盗」と学説が古くはあったが、現在は支持する人はいない。





 尚、無銭飲食の場合でも、何かの用事でレストランから一時外出した際に、にわかに犯意を抱いてそのまま飲食代を支払わないで逃げる行為も同様、詐欺罪は成立しない。お解かりでしょうか・? 複雑ですね!



 

       さて今回の問題は・・「キセル乗車」は、詐欺・・?





 今でこそ、「新車の輸送」に複数の車両搭載可能な「トランスポーターカー」が主流となり、「陸送」はほとんど観られない。この陸送を利用した「キセル乗車」の事例を紹介しよう。




 Kは、京都から山陰の鳥取迄「新車」を陸送する仕事に従事していた。彼は、まず陸送途中の「園部」と云う駅に立ち寄り、山陰本線の「園部ー京都」間の往復乗車券を購入、片道券だと「通用期間」が一日である事に留意した行為であった。





 「新車」を鳥取に届け、その帰途に「キセル乗車」を実行した。要するに、車掌が行う「検札」の位置を周知していたので、その「検札位置」を過ぎる次の駅迄の乗車券を鳥取駅で購入し、終着「京都」では、陸送途中で購入済の往復乗車券を利用して、下車したのである。




 Kの「キセル乗車」は、詐欺罪になるのだろうか・?現実を考えれば、詐欺は明らかなのだが、Kを訴えるには、「実行の着手」に関し立件しなければならないだろうか・・・?






   ★六月の仏声人語・・生まれたんだ。精一杯生きよう!




            <世紀末の「変」>


[PR]
by srd52834 | 2005-06-28 16:54 | 面白民刑事件

「知ってますか・・?」-12

b0019581_1583590.jpg

 知ってますか・・?-12



          「国会とフリーター」



  ★ 国会運営




 国会議員の先生方の外遊も終わり、いよいよ後半の国会が再開され、会期も55日延長された。各委員会にて「質疑応答」が・・・と思いきや「飲酒がどうの」の応酬....そんな国会論議を国民は望んではいない。




  今国会の焦点をまとめてみると!



1、郵政民営化法案 2、少年法改正 3、会社法案 4、政治資金規正法案 5、介護保険法改正案 6、障害者自立支援法案 7、国民投票法案 8、国会法改正案 9、人権擁護法案 10、臓器移植法改正案(介護改正法は、22日成立しました。)



 これだけ「重要法案」を審議しなければならない筈なのに、しっかり仕事をして欲しいものだ。





  ★ 変わる「フリーター専門」
- ハローワークの窓口!




 全国で230万人を超えると推測される「フリーター」の減少を目指し、厚生労働省は、全国601ケ所の公共職業安定所に専任の「職業紹介担当職員」を配置・対応させると発表した。



 対象者は、正社員を希望する概ね35歳迄のフリーターで、最寄の窓口へ「電話予約」の上、相談に出向く。
この措置は、就職活動のスキルアップを図り、継続的に相談に応じる予定だそうです。




 そもそもフリーターとは、15~34歳の若者で学校を卒業し、パートやアルバイトで働いているか、又は、そうした働き方を希望する者を云うらしい。




 この計画実施にて、今年中に「20万人の常用雇用化」を図りたいとしているが、どうなりますやら!





  ★ちょっとブレイク




 10・27からの「読書週間」の初日を「文字・活字文化の日」と定め「言語力」を育む事を目指す法案が、今国会に提出されるかも知れない。子ども達の「学力低下」が指摘される国語力の向上に繋げる狙いもあるのだろうか・・・?
 


 言語力の定義=読み書きに留まらず、調べる力や伝える力を含む幅広い能力の事。





 ★六月の仏声人語・・生まれたんだ!精一杯生きよう。 



       <ぜひ お読み戴きたいページです>

[PR]
by srd52834 | 2005-06-24 15:19 | 「現代社会を考える」→時事

ホントにホントー12

b0019581_1536248.gif


 
 ホントにホントー12

     

       無銭飲食・宿泊 頭の使い方で罪にならない・・・?




 先五月二十三日、和歌山・白浜温泉に家族五人で二泊三日豪遊約35万円の費用を「チェックアウト」しないで姿を消した大阪府の46歳の男が逮捕された。当分「刑務所」に入る事になろうが、可哀そうなのは、子供と祖母の三人である。
 


    さて今回は、先「現実の事件」に類似した案件です。



 ある日、上場会社の人事課長補佐に昇進したA氏は、リストラ対策の先鋒として全社員の五分の一の「整理」社命を成し遂げた。


 今日は出社と同時に人事部長に呼ばれ、二日の「有給休暇」をとる様にと指示された。そう云えば、この半年独身者の有利さ・?とでもいうか土日さえも休まず、業務命令に邁進した「ご褒美」を戴いたのである。


 A氏は、ふと「知らない海を見たい」思いに駆られ、早速部長にお礼を述べ、ふらりと一人旅に出た。そして、知らない片田舎にやって来て、ゆっくりと夕日を眺め、時が経つのを忘れ、気が付くと夕暮れ時で宿の手配など思いもつかずローカル線に飛び乗った事に気付き、近くの小高い丘に灯った「旅館」の看板に導かれるように「一夜の宿」を取った。



 新鮮な「海の幸」に舌鼓を打ち、汐の湯に癒され、真っ暗な海を観ながら湯船で「うたた寝」したらしい。


 部屋に戻ったのは、とっくに十時を過ぎていた。湯上りに部屋の冷蔵庫より『ビール』を取り出し、一気にグラスを補した。上々の気分の中で、ふと財布の中身が気になった。所持金は少なく しかも、カードは使用しない主義だったので、先が思い遣られる心細さを感じ、A氏は「意外な行動」に出た。それは、二階の部屋から屋根伝いに飛び降りて、逃げたのである。




       さて、これは詐欺罪になるだろうか・・?

       
                  ヒントー刑246



  
   ★ 六月の仏声人語・・・生まれたら、精一杯生きよう!




                  <コラムへの誘い> 
 

[PR]
by srd52834 | 2005-06-22 15:53 | 面白民刑事件

「刑務所」・・・

b0019581_17171054.jpg



  知ってますか・・?-11



     厄介物の「刑務所」誘致ー
          
            地方自治体の「損得勘定」・・?




 今、全国で60カ所以上の自治体は、「誤った政策」に基づく企業誘致つまり高額な土地買収及びその土地造成・販売に失敗した遊休地に「刑務所」を誘致しようと躍起だそうです。



 と言うのも、10年前から刑法犯罪の増加に伴う受刑者の増加で、既存の刑務所が満杯の状態となり、併せて100年振りの「監獄法」の改正によって、民営化の道が開かれた事もあり、全国的に不思議な現象が起きています。(最大の府中刑務所でも、定員の15%増しです)





 「刑務所」と言えば、昔より「迷惑施設」と避けられ続ける施設ですが、元首相・竹下 登のお膝元、不要の道路や使用されない箱物そして立派過ぎるリゾート施設で有名な島根県のある町の例で看ると、これまで「陸の孤島」と称され人口3000人足らずの山里で、97年から創めた「工業団地」の誘致には、たった二社が進出したのみ、広大な造成地が残ってしまっているそうです。(日本全国、数多くの自治体が同様の状態にあり、全て「税金」にて穴埋めされようとしています。)



 そんな「どん詰まり」の中にあった町の再生を賭けて刑務所誘致に明かりが見えたと言います。(町にすれば苦肉の策で「背に腹は変えられぬ」の心境とのこと)受刑者も「住民の数」となり、地方交付税に大きく影響を与え実質二倍の交付税額となる見込みだそうです。





 さらに、年間に相当の経済効果が見込まれるそうで、反対する住民は少ないそうです。その理由は非常に「勝手」なもので、仕事が増えて町が栄えるなら、倒産可能性のある企業より「親方日の丸」は、おおいに結構と云う訳でしょうか・・?そんな理由から今、刑務所誘致は「全国的なブーム」に成っているのでしょう。





 さて、「PFI」とは、
民間の資金やノウハウを活用すれば建設から運営管理まで、民間参入を拡大するシステムと評価されています。この「PFI」により、地域経済の活性化・地域雇用の創出といった「地域再生」への後押しができる事が歓迎されているのも一要因でしょう。(private-finance-initiative=私的の財政主導権)





 「三位一体」政策による地方自治体の自活の為に、様々なアイディアを模索し真剣に取組む地方公務員の姿勢は、国民の望む「奉仕人の姿」であるのですから・・・。

                              [報道資料]


   ★六月の仏声人語・・生まれたんだ。精一杯生きよう!



            <困った時のサイトです>

[PR]
by srd52834 | 2005-06-17 17:50 | 「現代社会を考える」→時事

「情報公開」

b0019581_17175128.gif



            時事ー「犯罪者の情報公開」



 毎日のように忌わしい「事件」が起きる日本、何時の頃からか「人情味溢れた人間関係」が姿を消し、「己さえ良ければ」と考える輩が大手を振って闊歩し、「防犯の目的」にて、カメラの設置がやたら多くなったと思います。(監視社会への懸念は残ります。)



 2002年の犯罪集計によると、一般刑法犯として検挙された人は、10万人を超えました。俗に一般刑法犯とは、殺人・強盗・性犯罪などを云います。



 これらの犯罪者の内、半分の5万人以上が再犯としてふたたび逮捕される現状では、犯罪者の情報公開も止むを得ない事かも知れません。




 とりわけ性犯罪者に対する情報公開に関し、1996年施行のアメリカ・メーガン法のそれとは随分差のある要綱ですが、法務省→警察庁への情報提供に伴うこれの共有化によって、「犯罪抑止効果」が働けば、住民にとって非常に有難い事でしょう。




 過去に於いて日本の社会と法律は、犯罪者に優しすぎた事は否めません。
やはり、国民とくに地域の人々の「安全」と「安心」を最優先すべきであり、「再犯の可能性の高い人」とか「過去に何度も繰り返し犯歴のある人」たちのプライバシイ保護を過剰に扱う事が多すぎたきらいも、もう少し早く対策を講じるべきであったかも知れません。 (犯罪者の社会復帰の機会の検討もされていますが....)




 その反省を踏まえ、今後、法務省は殺人や強盗などの凶悪犯罪、さらに放火・麻薬等の常習性の高い犯罪にも「情報公開」を拡大して行く方針だそうで、「治安の良い国・日本」が再び訪れる日を待たれる思いと共に、「日本の家族」の有り様を考え直すキッカケとしたいものです。
 
                                   [報道資料]


 ★六月の仏声人語・・生まれたんだ。精一杯生きよう!

     

      <心のささえーHP>


[PR]
by srd52834 | 2005-06-15 17:29 | 「現代社会を考える」→時事

「ホントにホント」-10

b0019581_1753915.jpg



「ホントにホント」-10


   <ちょっと ブレイク>



            お巡りさんに抵抗・・・?




 警察(警戒査察の略)官や税務署員などの「公務の執行」に際して、暴行や脅迫をすると、刑法95条が適用され、三年以下の懲役になる。
 注意が必要なのは、シリーズー8で紹介した「間接暴行」が適用される事です。但し、この条項は「違法な公務」の執行に対して、抵抗するのは務執行妨害にはなりません。




 この抵抗の「程度と限度」がいつも問題になります。


 抵抗とは、
例えば貴方が深夜の公園を、紙袋を抱え無灯火の自転車で疾走していたとします。公園の出口で、パトロール中の警察官に「挙動不審」を理由に呼び止められ、「どこへ行く・?」{袋の中身を見せろ」と職務質問されたとします。



 この場合、警察官の「停止させ、職質する」行為は認められていますが、この警察官の言う事を「聞くか」「聞かないか」は、貴方の自由なのです。つまり、「紙袋の中身」を見せる必要はなく、「任意同行」に従う必要もありません。(警職法 2-1)




 ですが、
この殺伐とした現代では、「治安維持」の目的にて、「挙動不審」で「一時拘留」されますので、注意が必要です。但し、「令状」なしで「逮捕」されるのは、「現行犯」のみです。覚えておくと、有利にことを運べますよ!



  ★六月の仏声人語・・・生まれたら、精一杯生きよう!




            <ご覧頂けましたか・・?>



       「御意見<緊急募集>」NHKご参加下さい!
[PR]
by srd52834 | 2005-06-09 17:20 | 面白民刑事件

「ホントにホント!」-9

b0019581_169364.gif




  「ホントにホント」-9
 
  

              ■ささいなこと・・・?

    

     ちょっと ブレイク!




 日本の故事によると、歓迎できない相手が帰った後、「塩を撒いておけ」と家人や従業員に命令するケースがあったと聞く。



 だが、口論の果てに「この野郎!」と人の横っ面を張り飛ばしたら、相手に怪我をさせなくても暴行罪になり、二年以下の懲役又は、十万円以下の罰金・拘置・科料に処せられる。





 要するに、人に手出しをする事自体が暴行になる。
そして、結果的に「怪我」をさせれば「傷害罪」となる。よくお解かりの事でしょう。ですが、相手に「手を出す」の意味は広義で、経験上どんな行為を認定するかは、ケースBYケースなのです。




 さて、人に塩を掛けた場合、現在では「暴行罪」で処罰され大変です。




 ほんと・・・人との関わりは、「ささいな事」と己が感じても、相手によっては「我慢出来ない事態」である場合が多々見受けられ、表面顔での付き合いの多い現代では、相手の顔色も見抜けず、人との関わりを避けるような生活となりがちであり、人間生きている事事態が、日々世間と「疎遠の関係を構築」する要因である事に己が気付かなければ、
   ほんと、疲れる「世の中」になったものですね!


  
        <絶対!読んで欲しい コラム>


    次回の「ささいなこと」は、お巡りさんに抵抗・・?です。



  ★六月の仏声人語・・生まれたんだ。精一杯生きよう!



          <賞金5万円に挑戦!>



[PR]
by srd52834 | 2005-06-07 16:32

逮捕!

b0019581_18495287.jpg



   時事ー「号外」-9 



            逮捕!「ニセNPO」




 「号外」-6 「不正な活動」にて、善意の方々への喚起を呼び掛けさせて戴きました件、ご心配・ご迷惑をお掛け致しましたが、昨日、容疑者二名が「逮捕」されました。




 NPOを名乗り、試食品配りなどのアルバイト募集を装う虚偽の広告を掲載し、集めた学生らに時給千円で「難病の子供への支援」を謳い、集めた「金」は、数千万円にのぼり、寄付目的以外の使用の疑いにて逮捕、「詐欺」での捜査も進められそうである。



 逮捕された「主犯格」の横井容疑者は、’04破産宣告を受けており、他にも一億円以上の詐欺罪についても、捜査二係が行方を追っていたらしい。




 もっと早く逮捕してくれていれば、「善意の寄付」が生かされたと思うと残念でならないが、「ホントにホント」シリーズで配信のとおり、「詐欺罪の立件」は非常に困難が伴うだけに大阪府警に敬意を表したい。




 「善意の皆様」におかれましては、
今後とも「NPO団体の募金活動」にご理解とご協力を賜りますよう、あらためてお願い申し上げます。


<賞金5万円に挑戦>このページよりアクセス


 
                              NPO青少年厚生文化事業団

[PR]
by srd52834 | 2005-06-02 19:07 | 「現代社会を考える」→時事

「闇」その2

b0019581_18522061.gif




        厚生労働省の「無駄遣い」 その二



 前配信に引き続き、厚労省の「特別会計の闇」を報じます。



次の問題は、、「雇用促進住宅」です。
 



 この住宅は、被雇用保険者が、転勤等により住居の移転を余儀なくされた人等に臨時で貸与する(通常1年間の期限あり)「宿舎」であるが、これを雇用・能力機構の職員が利用している事実。内には収入制限を無視し、外車2台を保有する資産家が、(被保険者でも収入制限あり)10年間も住み続けていた事実。さらに、安い家賃で之を利用し乍、機構より「住宅手当」を支給されていた事例もある。




 また、利殖の為か、先問題となった「西武鉄道の株」を購入し、約160億円の損失を「国民」に与えても、責任を執らない。





 まだまだ沢山の「無駄遣い」があるが、最近の「無駄」の最たる箱物、京都府精華・西木津地区に2003年3月完成した「わたしの仕事館」を訪ねてみた。83,000平方メートル(約25,000坪)のの敷地に580億円掛けて建設したらしいが。現在、年/20億円の運営赤字の垂れ流しであり、土日以外は閑散としており、無駄な人員が仕事もなく、油を売っていたのが印象的だった。


 この施設は、自民党・元幹事長=野中つとむ(京都選出)の「ごり押し」で誘致されたものだが、日歯連の1億円と云い、(橋本派の番頭)野中と云う男は、口の立つ、国民の為にならない、 とんでもない男である。




 とにかく、会計検査院や財務省の「検査・監査」の及ばない「特別会計」の『闇』に光を充て、「真の行革」をやってくれる「政党」に、一日もはやく「天下」を取らせ改革しなければ、「日本丸」の沈没、その日は意外と早く来ると懸念する。





    ★六月の仏声人語・・・生まれたら、精一杯生きよう!




            <癒しのサイトへどうぞ>



[PR]
by srd52834 | 2005-06-01 19:10 | 「現代社会を考える」→時事