<   2005年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スポットニュース

b0019581_17251056.gif



<お知らせ>


2・20 「国民の義務→一人一人考えよう」

   ぜひアクセス下さい!


<詳細>
[PR]
by srd52834 | 2005-02-20 17:28 | ニュース・ 寸評

「行政の怠慢」

NPO悩みの相談

寸評ー8

「魔法の杖」


 ストックオプション(自社株購入権)による「利益」に関して最高裁の判決が一月二十五日出た。延べ100余件を越す「訴訟」に一応のケリは着いたが、外資系をも巻き込んだ訴訟は、今後の「国税局」の姿勢に波紋を投げかけたことは事実で、我々も考えなければなれない事案であろう。



 さて、このストックオプションを利用して得た利益は、「給与所得」とされ、「一時所得」の二倍の税率が適用される結果となった。そもそも之は、勤め先の「株」を決められた価格で買い取れる権利を云う。この権利で手に入れた自社株を会社の業績が伸びて株価が上がった時に売却すれば、大儲けも夢でなく、「手元に資金はないが将来性のある若い企業に適した「報酬制度」として、’97年に導入され、税法上の扱いは「一時所得」と看做された。だが、’98年から「変更」された。いかに税務行政が曖昧であったか問う必要があろう。

 現行の「所得税法」では、一定の要件を満たせば、自社株を取得した時の利益が非課税扱いになる。これが「給与」と看做されると、働き手にとっての「やる気を引き出す魔法の杖」は、大きな曲がり角を迎えたことになる。今後「現物株支給」の企業も増すであろう。


 「財政再建が急務」と言って「取り易い所から取る」ような国税局の姿勢では、納税者の信頼や協力は得られないし、「法」改正の通達もせず、後から高い税率を架けるのは許されない事であろう。

 今後、日本企業における之の普及に拍車を架けるであろう。しかし、正しい情報が開示され、市場での企業の実力反映の「株価」でなければ、不正会計の温床となり、之で巨額の報酬を得る不純な企業や役員が多発する事になろう。


<お役立ちサイト>
[PR]
by srd52834 | 2005-02-16 12:56 | 「現代社会を考える」→時事

「もめごと」→一刀両断 18

NPO悩みの相談

前回事例「寅さん」に学ぶこと。



  民法では、この様な場合を「加工」と云い、加工物の所有権は材料の所有者に帰属する(民ー246)と定めています。

  しかし、前回の事例は「フスマ」が材料としての価値をはるかに超えた高価な芸術品となった場合には、「加工物の所有権」が旅人に移転する(民ー246但し書き)と解されています。



 さて、今回は「飲み屋のツケ」の時効は・・です。


 まず最初に「商行為上の時効は一年です。」と云ってしまうと次の事例も「請求権の消滅」と解されそうであるが、果たしてそうだろうか...?

問題です。
よくお考え下さい。

 スナックを営む雅子は、客でツケを支払わない無礼者が三人いる事に古い伝票整理にて気づいた。 早速、名刺を頼りにツケを支払わない客に電話をかけた。この場合の三人三様の債務者(ツケを支払っていない客)の対応処理について考えてみよう。

客Aの反応・・・「すまん! 来月まで待ってくれ!」と懇願した。

客Bの反応・・・「冗談じゃない。ツケは残っていない」と怒って電話を切った。

客Cの反応・・・翌日、取り敢えず一万円を「内金」として払った。



 さて、ママ雅子が「時効のツケ」を裁判上回収出来るのは、三人の内誰が可能だろうか....?


 賢明な「読者の方々」の考えは如何であろうか・・・?

■ 次回は、「遺言書」について考えます。


      ☆2月の・・仏声人語・・・{ 手を合わせ「いただきます」 }


お役立ちサイト>
<お尋ね下さい。>
[PR]
by srd52834 | 2005-02-10 15:23 | 面白民刑事件

「犯罪者」D/B

 情報ファイルー2

       賛成×反対

  「犯罪者」のデータベース化は、先進国に遅れをとっている現実を直視し、早急に法制化すべきであろう。アメリカ「メーガン法」のように「リスト」の公開は、犯罪抑止力もあり州内にて少なからず歓迎されている場合もある。

 ただ、日本においてこの種の公開は「特攻警察」の強力な権力のイメージがあり、法整備は簡単ではないだろう。

 しかし、日本の「崩壊寸前の治安」を感じるにつけ「何らかの歯止め立法」は致しかたない現実であろう。



 さて、「情報ファイルー2」は、つぎのとおり。



ハイテク犯罪の実態(インターネット関連)フィツシング外オークションや出会い系を利用した買春などが多発している。集計では、03年度の検挙数は約1200件、10年前の40倍に増加している。

 特筆すべきは、出会い系サイトでの男女間の「殺人事件」が、ことの外増加の一途を辿っている。

 さらに、「ドラッグ」が「見えぬネットを逃げ道」として、子供達にまで深く浸透している。一昨年夏「覚醒剤」の郵送販売を宣伝していた「北川総業」の取引一覧には、顧客2500名にのぼっている。


 このように「氷山の一角」ではあるが、不況・人間関係の軋轢・孤独さ.....薬物使用の背景には、社会が色濃く反映すると云われ「一線を越えたら、覚醒剤からはなかなか抜け出せない」ことを、真剣に考え、周囲の人間関係を良好に保つ努力を怠ってはならない。



 <報告>・・・「麻薬指定」が新たに追加されました。

      ■フォクシー

      ■デイトリッパー

・・・・・とにかく、「死んで骨残らず」の「麻薬」の撲滅を目指そう!!


         <NPO「悩み」相談センター>b0019581_15225263.gif
[PR]
by srd52834 | 2005-02-03 15:22 | ニュース・ 寸評

「冬の健康法」

冬の健康法、教えて!

b0019581_1581681.gif

  当会のボランタリー(外科医)に指導を受け、実践している事をお伝えします。自分に当てはまる方お試し下さい。


 1例→喘息の悩み

  
  積雪のある山へ出かける・・・腰に「貼るカイロ」を貼り、マスクをかけ防寒衣にてゴンドラとかロープウエイ等を利用して雪の上へ。 マスクをとり「新鮮な冷気に五分間咽頭をさらす」そしてマスクを着け屋内へ、この行為を数回実行する。

 2例→虚弱体質の悩み


  低い山へ「耐寒トレッキング」として登る。当然「仕度」はそれなりに準備する。約2時間くらいがお勧めだが、これも個人差によって考える。解らない方は、お住まいの「NPO団体」
やコミニティー等で仲間を募っている場合あり。

 3例→全般


  「硫黄泉」「ナトリュウム泉」等の温泉に出掛け、「湯気」の中で「深呼吸」をして咽頭を鍛える。さらに、鼻中隔が温泉にさらされる様顔を沈める。この後、部屋に新鮮な外気を入れ、
部屋の乾燥に留意する。

  当会「NPO青少年厚生文化事業団」のボランティア有志一同皆さん「冬が苦にならなくなった」と喜ばれる方が多勢です。ご自身にあった方法でお試し下さい。


<NPO「悩み」の相談センター>
[PR]
by srd52834 | 2005-02-02 15:52 | <お知らせ>