<   2004年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

元旦に思う!!

NPO悩みの相談


 さあ、「新しい年」だ!でも「新しい年」ってなんだ・? こぅ思う人も多い筈。之は人生における「けじめ」の表意である。(今や権力者の之は皆無であり残念なことだ。)


 そこで、「千支」(えと,せんし)とは、ご存知の人は少ない時節、紐解くと、約四千年前の「星空」が起源らしく、これの順位も現代の「受験戦争」の如く競争であったらしい。この戦いに鼠の「策略」にて敗れた「猫」は「神」より「顔を洗って出直せ」の叱責により、「手で顔を洗う」行為を受け継いでいるらしい。

 さて、来年/今年は酉年だ! 被災地の人々に「最速の復興」を「国力を挙げて」取り組んで戴きたい。



 久しぶりにお正月休暇を海外や田舎でと長期短期の留守宅が急増する季節ーーーこれを「待ってました」と大いに期待する「どろぼう」、これらを撃退させる「情報ファイル」を抜粋し、お知らせしよう!

「情報ファイルー1」

 防犯の4大ポイントは、これらしい。(泥棒の苦手より)

1、光    人間、「光物」には弱いらしい。(特に、「女性」は)

2、音    煩い音に「気」が惑わされる。

3、時間   侵入に「時間」がかかる。

4、人    「人々」との拘わり不足。(地域社会の崩壊)

◎ 対処方法

1、留守前々日から新聞を止め、郵便は「局留め」を利用する。

2、固定電話を「携帯」へ転送させる。

3、外から見える「明かり」は、点灯しておく。


 先日、東急ハンズへ、防犯グッズが色々と揃えてあったが、やはり、「人との拘わり」が、最大の「武器」と感じられた。


 年末/年始の朗報として、11/17の奈良・小学女児誘拐殺人事件の犯人逮捕。これで、平群地区の方々もひと安心だろう。この犯人も、「ゆがみ」の果ての結果と推測される。


 最後に、インドネシア西部の「地震」による被害は、予想を大きくはずれ「甚大な被害」であり、NPOとして又又街頭にての「募金活動」をと考える年の瀬である。


 「明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかわ」を教訓に「しっかり生きよう2005」と念じよう。


<お役立ちサイト> 
[PR]
by srd52834 | 2004-12-31 18:31 | 「現代社会を考える」→時事

「現代社会を考える」→時事

NPO悩みの相談

「現代社会を考える」→寸評 6

          <犯罪被害者等基本法>

 去る一日、「個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有する」。犯罪被害者への総合的な対策が成立した。

 余談乍、昨年度の犯罪に関係する「国費」の使われ方をまずもって知る必要があろう。驚く結果である。「犯罪」の加害者の為には、466億円が使われた。だが、本来国によって救われなければならない「犯罪」の被害者の為には、僅か11億円で、「犯罪者天国」と批判されていた。


 この度、「国」と「地方公共団体」の責務が定められ、「あわれみの対象」から「権利の主体」となった。しかし、「基本法」はあくまで理念を定めたもので、具体的な対策は今後に委ねられている。

 対象や内容は、後日の論議として、ここでは「取り組むべき主な対策」の一部について論じてみよう。

1、「相談への対応」について、


   昔の強権的な「警戒査察」つまり「警察」の対応が、あまりにも「民事不介入」を「謳い文   句」にしてきた事への反省。といっても、個人の「プライバシー」との兼ね合いは、非常   にデリケートな問題になろう。確かに、先神戸地裁の判決は原告「大学院生」側の主張   が認められたが、「警察官」だって人の子、恐怖心もあれば、それぞれ家族もあり、一   方的に「警護任務」だけを責める気にはなれない。


2、「損害賠償の請求についての援助」について、
   


   これまでも「判決」により、ある程度の「請求」は認められてきた。ただし、実際に犯罪者   側には、その保障能力はなく、98%の犯罪被害者側が泣いているのが現実であり、実   効性のない「判決」など、不要なものに近い。

3、「犯罪被害者に支払われてきた給付金の制度の充実」について、



   現行の給付金は、確か八百万円と記憶しているが、まったく論ずる「額」ではない。これ   は、国家が「国民総損保加入」の相対費用を勘案し、国費の無駄使いである「公共事    業」を見直し、一兆円と推定される国と地方の財政赤字を減らす努力の一片を示し、    「総国民一丸」の戦後の団結心を煽る意外に方法はないくらいの「統率」が欲しい時代   なのだが・・・?


 とにかく、「刑法重罰化」の抜本見直しや犯罪者の社会復帰対策等、「暫定期限付き」にでもして、「治安の悪化」に歯止めをするべきであろう。この法律は、まだまだ問題が山積しています。順次採り上げ「国民」の喚起を促せたい。


             
              <お役立ちサイト>
・・・・・・・http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/
[PR]
by srd52834 | 2004-12-30 11:12 | ニュース・ 寸評

「もめごと」→一刀両断 14

・・・・・前回に学ぶこと・・・・・

 前回の回答は、「ロ」 民法412には、次のように書かれています。債務の履行日がはっきりしない「不確定期限」は、「債権者の死」を知った時又は「履行の催促」を受けた時、債務者の責任が発生する。

今回の・・たら,・・れば,・・ときは.....

 ある「湖」でのこと。若いアベックが「桟橋」でじゃれあっている内、彼女は「指輪」を水中に落としてしまった。「遊覧船」に乗る予定で、桟橋で遊んでいたのだろう。彼女は彼に「母の形見の指輪だし、貴方が私を湖に突き落とそうとした為に、指から抜けたのだから、「飛び込んで拾うべき」と主張した。、二人もここでキャンプをする為に、近くに数名でテントを張っているらしい。 

 指輪を落とした女は、彼氏が取り合ってくれないので、同行の男達に「指輪を拾ってくれた人に、「私の貞操」と「金五十万円」差し上げると「報奨」を提示した。しかし、こんな「約束」は本当に「有効」なのかどうか・・?男達は迷っていた。



 皆さんは、如何思われますか・・・?


1、こんな約束は「無効」である。

2、約束は約束、「有効」である。

3、「指輪」は拾えなくても、実費は請求できる。
  
 このような「約束」は、社会一般の常識から考えても「不能条件」、その契約は「無効」である。更に、男達が湖底より指輪を拾えたとしても、男達に「約束の履行を促す権利」は発生しない。 


・・・・・残念ながら!!!


 仮にその「指輪」を見つけたとしたら、「遺失物拾得」としての権利は、彼氏意外の男達には、認められるであろう。

 民法133条には、次のように書いてあります。・・「実現不能を附した法律行為は、無効とする。」と。


・・・・・<困ったらお尋ね下さい。>・・・・・


http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/
 
[PR]
by srd52834 | 2004-12-23 19:17 | 面白民刑事件

寸評→5

NPO悩みの相談

「現代社会を考える」→寸評ー5


 今年もあと僅か、「新しい年」がやって来る。「狂った日本」と題し、様々な問題を提議したが、今回は「NHK」の問題を論じてみよう。


 「放送倫理」は「重要な問題」であるが、その影に「番組」の製作に拘わる「不正利得」及び、「監督者の責任」について、意見x異見で考えてみたい。



 「不正利得」この行為は、如何なる理由があろうと許される行為ではない。「警察庁」全体の「裏金疑惑」つまり、「国家予算・税金」とは多少違い、「視聴料」のキックバックは、多かれ少なかれ「担当者のモラル」の問題で、云わば「刑事事件」としての決着を待ち、解決されるべきであろう。



 だが、「使用者責任」の問題は、唯一「国会の生放送権」を有する当局が「一会長の決断」にて決する「現体制」こそ問題ではないだろうか。確かに「経営委員会」なる「一般人から選出」もあるこの委員会の存在価値が無きに等しい様では、「視聴料」を払っている人達をも「愚弄」した組織でしかない。視聴者の「怒り」は当然である。


 「地位と名誉」職を「既得権」とし、その立場に「恋々」とするは、日本古来の「武士道を嗜む」という・?「橋本前総理」らの「烏合の衆」と同じである。



 「人として」あるべき姿を問う事は、非常に「むつかしい」ことではあるが、これも「本人のモラル」の問題として片付けねばならない様は、殺伐とした現代社会を象徴する「ひとつ」の陰影であろうか・・・?



・・・・・・・ブログ本来の異論・反論に期待しよう!!

一度ご見分下さい。


・・・・http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/
[PR]
by srd52834 | 2004-12-21 15:39 | ニュース・ 寸評

「もめごと」→一刀両断 13


・・たら,・・れば,・・とき


 約束を反古にされない為に!!今回は、・・たらの「出世払い」です。
 「成功したら、返す」という約束で、人から「金」を借りる事を一般社会では「出世払い」と言います。結局、「借金」ですが、成功するか否かはっきりするまで「返済を猶予する」と言う意味の貸借であると、法律では解釈している。

民法412には、つぎのように書かれています。・「履行期」・「不確定期限」つまり、債務者が成功するか、成功しないかはいずれ結果はでる。


・・・・・では次の例は如何であろうか・・・?
(イ)貸主は、「相手が成功する事を期待して」金を貸したわけで、結局、成功しなけれ「金」は返さなくてもいい約束である。
(ロ)金銭の貸借は厳しいもので、成功する見込みがなくなった場合でも、返さねばならない。
(ハ)「成功するか」「否か」なんて、曖昧な約束は、法律的に無効だ。

 「金」の貸借においては、「苦い」経験をされた方も多いと思います。人に金銭を貸与することで、「友人関係が壊れる」との考えが一般的ですが、世の中、そう思いどおりには、進まないものです。
 対処方法として、「さしあげましょう」と言える範囲の金銭感覚にて、処理できる金員の貸借を考える事です。
しかし、「情に脆い」日本人には西欧諸国のようには処理できません。この「情」が今流行の「おれおれ詐欺」の根幹の因でしょう。
 
さて、「不確定期限」とは、次のようにお考え下さい。

例えば、百万円借りたとします。この返済期限は、借主が何とか無理をしても、返せる程度の社会的地位につけば、その時が、逆に、その見込みのない事がはっきりした時は、びしびし取り立てて良い。つまり、「差し押さえ」可能となりますが、こんな「法律」は、「浮世離れ」の感は否めません。押さえる物など「何にもない」が普通ですし、この処理に掛かる「馬鹿でかい費用」を拠出しても、「結果良し」とは、なかなかならないご時世です。

 やはり、「先達の教え→貸すと思わず・・」でしょうか・?


 さて、次回は・・ればの一例です。お楽しみに!!

       ・・・・困ったらお尋ね下さい。・・・・

・・・http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/
[PR]
by srd52834 | 2004-12-17 16:56 | 面白民刑事件

「現代社会を考える」→号外ー5



号外ー5

名称「振り込め詐欺」と命名、やっと警察庁が動き出した。遅い!誰もがそう思ってい

るだろう。すでに被害額は、「おれおれ詐欺」で百五十億・「架空請求詐欺」で四十億・「融資

手数詐欺」で二十六億これらの合計は、 な.な.なんと二百二十億円を超えた。但し、この

額は「被害届け」のなされたものだけ、「氷山の一角」であり、一人一人の「不注意」と「無知」

が、こういった犯罪を増加させる一因であることを真剣に考えてほしい。
 

 つぎに、「詐欺」に関し世人の意識レベルを測ってみると、「いざとなると心配」と考えている

比率は、40%超で「とっさの判断力に自信がない」と回答している。


 さて、本コラムにて配信したが、今一度、「騙される要因」を考えてみよう。

1、「個人情報が、漏れやすい」

2、「インターネットやモバイルの普及」

3、「経済環境の厳しさ」

4、「躾や社会教育の低下」

5、「刑罰のゆるさ」   

 結果、「貧富の差の広がり」、地道な努力よりも「拝金主義」、「核家族化」による家族関係

の希薄さ、人との係わりを疎む、「親類関係」の付き合い希薄 等が考えられる。


 やはり、「人は一人で生きる事はむつかしい」、"いざ"という時の為にも、「身近な人」との

「日頃の付き合い方」を考え直し、せめて「あいさつ」の大切さを実感して欲しいと思う。


・・・・・・・・・・お見舞い申し上げます。・・・・・・・・・・

 被災地のみなさま、「人間塞翁が馬」を思い起こし、元気でがんばって下さい。ご健康祈念

します。

 
・・・・・・・・困ったら・・<悩みの相談センター>・・へ
[PR]
by srd52834 | 2004-12-14 15:53 | ニュース・ 寸評

「もめごと」→一刀両断



「もめごと」-一刀両断 12

ワルの手口→4「健保証の偽造」です。

 多くの方に尋ねられる・・・なぜ「ボランティア」なのって!何時も答えは「自分のボランティ

アによる仕事が、目に見える形で『人の為になっている』と実感出来るから」そう答えるように

なって来月で十年になる。今年は、退官後初めてHP開設・ブログ開設と振り返れば「あっ」

と過ぎた一年だった。


そして、充分な知識のない状態でPCに取り組み、今も試行錯誤の日々である。

・・さて、本題に入ろう・・

 先「兵庫県・出石」へボランティアとして同行してくれた、ある学生が話してくれた事件につ

いて、新聞報道記事と絡ませて、配信しよう!

<健康保険証の偽造>

 彼の友人は、四国・徳島県より大阪へ進学し、もう就職活動にはいる学年で、「スポーツ」

と「学業」を両立させ、成績も優秀な三回生。ところが、何時の間にか「住民票」が勝手に移

動され、すでに、「健康保険証」が他の所在地の市役所で発行されていた。と言うのだ。しか

も、学生なのに「給与明細」が発行されていて、これらが悪用されたらしい。「保険証」は「身

分証」となり、ワルの利用価値は、高いそうだ。


 そう云えば、先月末ころ「新聞に紹介」されていた記事は、彼の「友人の話」は現実であり、

「インターネット」社会に存在する「闇サイト」が蔓延、これを利用した犯罪が横行し、他人名

義の「携帯電話」「銀行口座」「運転免許証」などが取引され、様々な犯罪に悪用されてい

る。


そして、匿名性の高いサイトを利用した犯罪に、捜査当局も手を焼いている事態を把握

しなければ、益々増加させ、ワルの思う壺となろう。

今国会では、一時「先送り」かと思われたプペード携帯電話は、やっと来春から「利用者名

登録」が義務化されるそうだ。


 しかし、先述のとおり「ワルの手口」はもっと巧妙化するだろう。「自分の身は自分で守る」

これ以外に身を守る術はないようだ。

 余談ではあるが、「この様な世の中」だから?橋本元総理は「不起訴」更に証人喚問もナ

シ・・・高知県知事不信任可決、再当選と言う結果に成るのだろうか・???


いったい「けじめ」とは、どういう事を意味するのか・・? 私には、とても理解できない現代社

会である。


・・・・さて、次回は、「・・・たら、・・・れば、・・・とき」の約束は・・?

・・・・・・・・・・・・困ったらお尋ね下さい。

・・・・・http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/
[PR]
by srd52834 | 2004-12-10 17:09 | 面白民刑事件

「もめごと」→一刀両断 11



「もめごと」→一刀両断 11

さて、予告どおりワルの手口-3→「ホームレスの受難」です。

<傾向のおさらい>

 架空請求詐欺・不当請求詐欺・おれおれ詐欺・ネットオークション詐欺・サイドビジ

ネス詐欺・不当商法(マルチ商法・金や穀物の先物取引に関係)フイッシング・トレッ

キング詐欺・社会保険事務所や国民年金基金の職員等を装い、「個人情報を収集と掛け

金請求詐欺」挙げれば切がありません。


 特定商品取引法等の改正により、十一月から事業者規制と消費者救済のルールが強化

されました。
詳しくは、順次配信します。


 さて本題、「ホームレス」にも困った事態であるが、この人達が知らないうちに「戸

籍の改ざん」に遭い、様々な事件に巻き込まれている。手口は皆さんにも警戒を要する

可能性は大です。

<その1>

 「仕事お世話します」公園で野宿する青年Aは、すぐ飛び付いた。申込用紙を渡され、

「本籍地」「生年月日」「氏名」等記入し手渡した。数日後、「不採用」と知らされ、

そのうち彼の顔も見なくなった。数ヶ月後、福祉事務所の職員から、「貴方の名字と戸

籍上の名字が違う」と指摘された。調べてもらうと、面識のない数人と養子縁組が繰り

返され、外国人と結婚した事になっていた。ワルが利用したのは、養子縁組にて改姓し

た新しい「姓名」にて、消費者金融から融資を受けたことに。


 同様な手口で、三十五歳の男性は「自分名義で住宅ローン」を設定され、その物件も

既に売却され、「銀行ローン」だけが残った。

 このように、「勝手に養子」「勝手に結婚」「勝手に借金」等、背後には「黒い組織」

が暗躍している。
こんなワルに対抗する術はない。返せば「個人情報」さえ知られなけ

れば、防げる事になる。貴方の「インターネット関連情報」は大丈夫ですか・・・?

 以上のように、悪質商法の被害は、留まるところを知らない程、貴方の傍に潜んでいる

現実を「真剣に考えなければならない時代」なのでしょう。

 font color="#0000ff">消費生活センターの利用も考えて下さい。尚、「特定商取引法」が十一月十一日に

「改正法施行」されました。(官報販売所にお尋ね)

・・・・・次回は、ワルの手口ー4です。



・・・・・困ったらお尋ね下さい。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/ 
[PR]
by srd52834 | 2004-12-02 15:00 | 面白民刑事件