カテゴリ:ニュース・ 寸評( 25 )

恋愛?淫行?

b0019581_12305467.jpg


   閑話「ある判決」



           「男と女」ー恋愛・淫行の境界・?



 興味惹かれる「名古屋簡裁」の判決。妻も子もある「居酒屋チェーン」の店長とそこで接客アルバイト少女(17歳)の「保護条例違反」の裁判の結果、この男性に「無罪」の判決が下された。


 ことの起りは、昨年2月この店長と少女が知り合い、一緒に映画を鑑賞した事で、お互いに恋愛感情を抱き、性的関係を持った事から始まる。7月にこの少女の母親が二人の関係に気付き、少女を伴い「被害届け」を提出、この店長は「略式起訴」されたが、「真摯な交際で無罪」を主張、正式裁判に移行したものである。


 「恋愛と淫行の間」最高裁大法廷の判決(処罰の範囲の箍)として、「『淫行』は性行為一般を指すに非ず」としている。 (85年)


青少年を誘惑・脅迫するなど「不当な手段」での「性行為」。

単に「自己の性的欲望」を満足させる為の対象としか認められない「性行為」。


 であるが、今回の「無罪判決」には、原告の少女の証言・「被害届けを出す意志の無さ」と「一緒にいて波長が合った」が大きく、「無罪」が下された。勿論、民法731条「結婚の条件」も考慮されたものと思慮する。
 

 人間の「欲望の間の審理」は非常に難しく、且つ、近年の結婚観や男女交際観をして、「真摯な交際か否か」の判断は困難に近い。しかし、世上云われる「男の浮気・不倫」には違いなく、道徳的に非難されるべき「この店長の行動」であった事は、判決は別として否めない事実であろう。


     ☆六月の仏声人語・・・「天上天下、唯我独尊」とはいかぬ!   

              <「コラム」>

[PR]
by srd52834 | 2007-06-07 12:39 | ニュース・ 寸評

「エベレスト」

b0019581_6394176.gif


 朗報!「エベレスト」登頂

     
    
             義足で最高峰制覇!



 報道によれば、さる十五日チョモランマ(8,844m)=地球の屋根「エベレスト」へ義足の登山家「イングリス」氏が登頂に成功したと。

 この方のプロフィールを読めば、
山岳救助・ガイドが生業らしく、'82年11月ニュージーランド・クック山にてブリザードに見舞われ、雪洞に2週間ビバーグの折、凍傷にて両足の膝関節より下部を失ったそうです。(現在47歳)


 私も「NZのマウント・クック」は、その昔タズマン氷河を滑って降りた経験を持ちますが、運良く天候に恵まれ楽しかった思い出(40年前)を回想させられました。

 現在、NPOのシニアボランタリーの方々と「登山とスキー」を毎月一度ご一緒していますが、次回の行事=「岐阜・三国岳」の登頂の際に、「この勇気付けられる記事」を現地を知る者の一人として、ご紹介しようと考えています。


 ただ、今年のGWでは十八名の方々が遭難され、尊い命が失われた事は非常に残念な出来事でしたが、 出来れば「山のすばらしさ」「我慢の厳しさ」などを数多くの方々に知って欲しいと願っています。


 これから「夏山」のシーズン
を迎えるにあたり、行動の前に「天気図」、特に「山間部のカミナリ」予報に注意を払って戴きたいと思います。特に、北・中央・南アルプスへの登山予定をお考えの方は、例年にない「残雪」をも配慮され、「安全第一」にて「すばらしい山の思い出」を創って欲しいと思います。


 厚労省が先日発表した「メタボリックシンドローム」にも注意が必要です。詳細は適宜ご報告します。


      
       ☆五月の仏声人語
・・・緑あればこそ の いのち


  
[PR]
by srd52834 | 2006-05-22 06:48 | ニュース・ 寸評

「実名報道」は・・・?

b0019581_14241196.gif



  号外ー19


           <実名報道の波紋>



  先、10.17-「3元少年・死刑判決!」の記事配信
にて、残虐殺人事件の概要を報告しました。
 
  ところが、10・20発売の「週間新潮」に彼らの「実名」が掲示されました。この事件の「実名報道」に関しては、裁判長の意見書「少年法61条への配慮」が添付されていましたが、この「新潮」の「個人情報の報道」に関して、現在の日本国民は如何お考えでしょうか・・・?




  わがNPOの役員6名全員、「実名報道を容認する」との判断をしており、記事配信の折も、実名を報道すべきか否か随分迷いましたが、差し控えました。理由は、「少年法の遵守」です。


  因みに、現在の諸外国の対応は「報道容認」が主流と成っていますが、ブロガーの皆様の「お考えとその理由」をお尋ね致すべく、「緊急」にご意見をお聞かせ戴れば、幸甚です。



    <参考資料>


  少年法61条とは・・・家庭裁判所の審判に付された少年又は少年の時犯した罪により公訴を提起された者については、氏名・年齢・住所・容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。



   ☆十月の仏声人語
・・・「欲をかくと、恥をかく」


  
          <悩みの相談室>


[PR]
by srd52834 | 2005-10-22 14:37 | ニュース・ 寸評

時事ー「死刑判決」

b0019581_14584242.jpg



 時事ー「まともな判決!」



           <少年らへの「死刑判決」>
 



  「大阪事件→木曽川事件→長良川事件」4人の殺害は、わずか10日間の出来事だった。あれから11年経過し風化させてはならない事件。あまりの残虐な事件にやっとまともな判決が14日名古屋高等裁判所より言い渡された。犯人は3人で犯行当時は18~19歳、「少年法の範疇」の無法者の犯行であったと記憶している。

   (弁護人の上告は、「必要なし」と考える)


  特に大阪市内の事件に関しては、忌わしさの残る「少年の犯行」とは思えないものであった。 確かに環境により人の心は荒む、「階段を転げ落ちる・・」の表現に当て嵌まる「貧すれば貧する」の少年達を取り巻く環境であったようだが、被害にあった当時26歳の見ず知らずの青年を、己がベルトで絞殺し、高知県の山中に「亡き骸」を遺棄した事件。


  犯行後、非道3人は愛知県・一宮市へ逃亡、幼馴染で遊び仲間を暴行、木曽川河川敷に放置し結果、死に至らせた。さらに、その日の夕刻には同じ岐阜県・輪之内町のボウリング場で関係の無い3人の若者に因縁をつけ、金を奪い、内2人を長良川河川敷に連れ出し、金属製パイプで殴打の末殺害した。



  '75~76年に「愛知県・一宮」・「大阪府・松原市」「大阪市・西成区」生まれの3被告に極刑が下されたが、同一事件における複数の少年への「死刑判決」は初めてであり、共同正犯の「認」は、画期的であろう。('66年以前は記録なし)又、犯行時「少年」への死刑判決は、90年確定の「永山事件」と、01年確定の「市川事件」があるが他に例はない。



  現在の「少年法」は、改正に改正を重ね「厳罰」を以って臨む方向に推移しているが、凶悪
な犯罪は後を絶たない。 犯罪者3名の「家庭環境」には一考の余地あれど、この判決が、「人の命の重さ」を考えない「無軌道な行動」の若者多くなった現在、「集団心理」は別として「ハドメの効かない」「理性の無さ」等の「若者達への警鐘」となれば、幸いである。


 今後、「凶悪犯罪少年に対する『矯正可能性』の判定も、いっそう厳しく対処される見通しで
ある。」ことを、報告しておこう。


    <情報>
ー近畿圏


  兵庫県警に続き、「ひったくり」認知件数29年間全国最悪の大阪府警が、来年1月上旬より「路上犯罪」の2次被害を防ぐ目的で、「ひったくり」「路上強盗」「児童への声掛け」等、不審者の情報をメール配信すると発表。事件発生の一報から60分以内に「登録者」対象に「発生
場所・時間・被害内容・不審者の特徴・現場地図」等を配信する。登録は、12月中旬から下記URLで!(より早い「情報」配信にて、犯罪抑止を図る目的だとのこと。)


大阪府警察本部= http://www.police.pref.osaka.jp/



   ☆十月の仏声人語
・・「欲をかくと、恥をかく」




       <いきる>お尋ね下さい。


[PR]
by srd52834 | 2005-10-17 15:13 | ニュース・ 寸評

オピニオン「総選挙」

b0019581_15483347.jpg



 オピニオン→「総選挙」
    


          <夏の陣>
 




 奇しくも、9・11総選挙、グラウンド・ゼロが思い起こされる。「閉塞日本」の激震となるか・・?「日本国民の平和ボケ」の度合いが、問われる時が来た。



 解散の賛否は様々であるが、この「ポイント」だけは外してはならないと思う。 それは、「改革の後退は、許されない」事である。




 自由民主党内における「権力闘争」であろうが、小泉さんの「小さな一歩」を支持する一人として、肝心な「ポイント」について考える。




 今回の「解散劇」は、実に「あざやか」、憲法7条に関しては、本ブログ、号外12,13と 時事「政治家の損得」を参照戴くとして、閉塞状態にある「日本の若者」が『主役』と思えば、憂いもある。が、とにかく、若い力を発揮し将来の日本の礎となる「総選挙」にして欲しい。





 世界は瞬時に変化・進化している。「日本の若い力」で、今回の反対派の持つ「古いしがらみ」や「玉虫色の決着」より政治脱却させて、子ども達に「明るい未来」ある、改革を推進してくれる「新自由民主党」を育てて欲しい。





 俗に云う、「国民の為になるのか・・?」この種の人間に「改革前進」は、不可能。
 改革とは「小さな一歩」から始まり、修練され、本物となる為の「プロセス」を否定しては、 明日の日本はない。





 「小さな一歩」の火を消しては、又、 「小泉」殺したら、日本の改革は、止まる。    それで良いのか日本!  若者達!





 若い力の台頭こそ、新生日本の「夜明け」となるチャレンジへの序曲ではあるまいか・・・!



        「風を起そう・・若い力」で・・・・




  ☆八月の仏声人語・・「にらみ合うより、ゆずり合い」

 


        <コラムへの招待>

[PR]
by srd52834 | 2005-08-09 15:57 | ニュース・ 寸評

「でたらめ」 その2

b0019581_14415120.gif


  号外ー14




    ’05「概算要求書」に思う
ーその2




<国交省>
 



 作業着と偽り、福利厚生費とは別個に自分達の「リクレーション」の為のユニホームを・・・。普通に考えても「自分達の遊び着」まで国費で賄う神経が理解できない。全国の国交省事務所の内464ケ所が不正に計上、総額¥6,890,000-。 これも「氷山の一角」でしかない。




<経産省>




 官房企画室には、多額の「裏金」がプールされていた。これは、特殊法人「自転車振興会」からの「研究費」名目による経産省の外郭団体の残金を官房室が預かるシステムになっているらしく、官房企画室には、昨年度の段階で¥24,000,000-累計蓄積されていた。



 悪いキャリアー・官房企画室長がこれに目を附けて、インサイダーとも疑える「株取引」の資金として流用、¥800万円懐に入れていた。怒りは、この職員の処遇にある。なぜ、「懲戒免職」にせず「諭旨免職」なのか・?



 8/3 「省庁ぐるみ」の新事実が発覚・・・「号外」ー16 で報告!




<厚労省>




 「雇用保険」の掛け金つまり「サラリーマンと雇用会社が応分に負担して毎月収めるものであるが、この掛け金を利用して「雇用促進住宅」を全国で約14万戸(土地・建物で約1兆円)を建設、趣旨は「昭和36年、廃坑による炭鉱労働者支援であったが、昭和47年以降この利用目的が著しく本省の意向により変更され、雇用保険料を納めていない「公務員」が利用、中には「住宅手当」を受けている者までいた。





 「赤字大国・日本」それもそのはず、中央省庁の官僚に「節制」する風潮など皆無であり、支出のチェック機能の働かない現状では、「増税」は続くでしょう!





      「シーリング」とは・・<豆知識>




 翌年度の予算編成前に、各省庁の要求額の上限を定めたもので、「天井」とも言う。毎年7月末をめどに「閣議了解」として決め、この基準に基づき各省庁が8月末迄に「予算要求」をする。そして、財務省が査定し、年末に「予算の原案」を作成する。





  ★八月の仏声人語・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」





          <日野原先生語録>



[PR]
by srd52834 | 2005-08-06 15:00 | ニュース・ 寸評

でたらめ !

b0019581_1842744.jpg





  号外ー13




      '05「概算要求書」に思う!
ーその1




    <中央省庁のでたらめ!>
 (ほんの一部です)



  シーリングの季節、財務省も苦慮している。が、しかし・・




<社保庁>




 何かと問題の多い「廃庁」すべき無用の長物は、新年度「予算」申請に於いてもまったく反省の欠片もない実体を晒している。





 過去六年間、一度も実施した事のない「綱引き大会」の予算・六億円の架空請求を計上、収支の帳尻だけは、ちゃんと合わせている。さらに、集金の際に必要として、「電卓」一台何と¥15,000-×312台が必用だと計¥4,910,000-(電卓の機能すばらしき物=¥3,000が普通)、さらに、使ってもいない「ポケットベル」使用料として¥22,800,000ー。こんな慣習の罷りとおる省庁に、いくら「有識者会議」を設置しても、意味のない「ダメ省庁」であり、もっと国民は「怒る」べきであろう!




    「架空請求の実態」は、後日報告します。




<内閣官房>




 この部所で使用されている「朱肉」は、一缶/¥42,000もする「最高級品」でないと、用を足さないらしい。庶民感覚など一切ない。




<外務省>



 大使の要望にて「絵画」¥13,200,000- こんな物が外交上必要なのか・・? 「日本の外交」ほど、何もせず且つ、効果の上がっていない国はない!、さらに、盆踊りセットで¥5,300,000-と餅つきセット¥1,620,000- 挙げれば切がない程に「腐り切っている」・・呆れるばかりである。







 小泉さん、早く「自民党を潰す」約束を実行して欲しい。
「郵政民営化」の反対議員達は、「国民の為にならない」と反対しているが、「特別財源」にメスが入るだけでも、国民のためになる事を忘れるな!と言いたい。






 日本の政・官は、既得特権の上に胡坐をカイテイル。すべて、『ぶっ潰す必要あり』、
それからでないと「増税」は「全国民の総意」として、反対大運動を呼びかけなければならないだろう!!  「増税反対」と・・・!





 ★八月の仏声人語・・・「にらみ合うより、ゆずり合い」




     <奮ってご意見お願いします>詳細
(文科省)


[PR]
by srd52834 | 2005-08-03 18:44 | ニュース・ 寸評

「ワルの手口」の進化・?

b0019581_1422346.jpg



 号外ー11 <緊急警告>



        「悪の手口」の進化・・? 



           <送り付け詐欺>
 




 ワルの手口の進歩・?は凄まじい。昨年11月「特定商取引法」が施行されて以来、その手口は日々変化している。



 ここ2ヶ月、関東近辺に及んでいる「送り付け」と言われている方法にて被害が拡大している手口はこうだ。




 わいせつなDVDを無差別に送り付け、「代金を振り込め」「回収に自宅に行く」と脅しの文言の記載された書面が添えられている。
注文など身に覚えのない又は家人が「注文したのだろう」との早とちりにて受け取る場合等様々なケースにて発生している。新たな手口の悪徳商法と警察は注意を呼びかけています。




 7月17日、氷山の一角乍、違法DVD販売グループ・4名が逮捕されました。




 <送り付け>被害対策として、送付物をそのまま「近くの交番」に届けてください。
これで不安が解消されます。



 同様に廃版のしかも処分に費用の掛かる物を、郵便配達の悪用にて普通のCDやDVDを「代引き」で送付する手口も多様されています。金額が¥2000~¥3,000と安価な為、被害届けは少ないですが、これも要注意です。





 先、「住民基本台帳」閲覧による個人情報の氾濫の危険性について配信しましたが、現代における「個人のプライバシー」は、あってないようなものである事を自覚しなければならない事態なのです。 




          <困ったらご相談下さい。>



   七月の仏声人語・・「もったいない!」
  
[PR]
by srd52834 | 2005-07-26 14:33 | ニュース・ 寸評

「号外」ー10

b0019581_15284978.gif
  号外ー10



           もっと大切!「国の監査」が先だ!





 今月末にも決定される「概算要求」。各省庁の対財務省への「たたき台」が、ある国会議員より一部公表されました。
(内容は、後日報告します。)





 現在の「役人」は、足元を正そうともしないで、傍若無人振りを発揮、わき道にそれた方向を向いています。







 この度、金融庁は「企業決算の不正をチェックする監査法人」に対し課そうとしている「監査に関する品質管理基準」の義務付けの内容は、



①担当企業の株式保有や利益供与がないか


②適切な規模で人員が配置されているか


③違法行為などについて弁護士等の見解をきいているか


④不正を見抜く為の調査が充分に実施され、必要なら通報されているか






 要するに、「監査に監査」を一般企業に課せる割には、各省庁の「概算要求書」のでたらめを「一切お構いなし」では、国の無駄遣いを減らし国民に課す「税金」を抑える事は不可能でしょう。





 一日も早く国の予算・決算、特に「特殊法人」を含め「監査の監査」を各省庁に設置、国民のレベルで「税金の使われ方」を「市民オンブズマン」のような「監視」する第三者機関(特殊法人では意味ナシ)が必要です。 そうして、国民の「目」を光らさなければ、もはや「役人天国」の悪しき習慣を絶つ事は出来ないでしよう。






 非営利法人の「原則課税」等に看る、役所以外「取り易い所より増税」の方向は、国民が「選挙」に関心を持ち、「既得権」を打破できる議員構成に協力(投票)しなければ、ほんとうに「日本丸」は、沈没を免れないと考えます。


   早く、「若い力」の奮起が待たれるのだが・・・・!

 



    ★七月の仏声人語・・・「もったいない!」


    

       
               <世紀末の『変』>お読み下さい。



[PR]
by srd52834 | 2005-07-06 15:29 | ニュース・ 寸評

「号外」-8



b0019581_160462.jpg



   時事ー「号外」




              「違法判決」




 5・30 金沢地裁にて次の通り判決されました。
総務省の進める「住民基本台帳」いわゆる「住基ネット」、基本的に「一般公開」が原則であるが、個人に於いて「之」の抹消を巡る個人訴訟が多く提訴されていた。




 その先陣を切っての判決、「個人の削除申請却下は、『個人決定が基本』である個人情報保護の下、違法である。」 と。





 もともと「住基ネット」なるものが必要であったか、多くの国民が疑問視していただけに、適切な判断との見方が大勢である。




 今後の各地の判決も興味を惹かれるが、総務省の対応に注目したい。




  ★五月の仏声人語・・おとな変われば、子どもは伸びる!


         
       <たまには「癒し」へお尋ね下さい。>

[PR]
by srd52834 | 2005-05-30 16:10 | ニュース・ 寸評