2005年 09月 13日 ( 1 )

総括-オピニオン「総選挙」

b0019581_8464597.gif



        総括ーオピニオン「総選挙」




  戦後の宰相で「政治と金」のしがらみを超えた人物は、三木氏についで二人目であろうか・・・ その一人、三木氏は派閥政治に苦しめられたが、この男は、仲間も少ないかわりに「しがらみ」にも捕らわれないと評される「小泉 純一郎」である。




  その捨て身に基づく「異例の解散」が、日本国民の「心」に訴えたものは、いったい何であったろうか・・・?





  東京・永田町に於ける「改革」が叫ばれて久しいが、今なお「取引」「妥協」「保身」「先送り」などが巾を効かしており、これらに変化の兆しを及ぼした功績は「大きい」と思える。




  さらにこの男は、国民の附託をうけ選出された国会議員達をさておき、「国民に聞きたい」と直接語りかけ、小選挙区選挙が、事実上の首相選びである事を多くの「選挙人」に周知させ、この「非情の解散」の批判をエナジーに替え、選挙戦に大波を起し、且つ、自民党を「政権政党」としてリニューアルしてしまった成果は、「どえらい男」と称しても余りあるだろう。




  しかし、政権転落の危険も顧みず挙行した「郵政」の国民投票の二分法は、結果、日本の国政上初めてと云われる程の「数の力」を得られたが、一方この責任は重大であろう。 こうなれば、一刻も早く、「郵政民営化法案」の成立を看、今後の日本の進むべき方向を明らかにして、具体的なプログラムを提示しなければならないだろう。そして、その政策論議の中で、「自民党は変わった」と宣言したとおりの「政策決定プロセスの透明性」や「党改革の成果」を根付かせ、「選挙人」の期待に応えなければ、何れ大きな「しっぺ返し」を受けるに違いないと思える。




  「宰相・小泉 純一郎」
の齎した、「政策が選挙の主役足りうる時代」となった「05年体制」の確立を急ぎ、「借金大国日本」の建て直しを甫とする「改革」の推進に邁進して欲しいものである。




  ただ残念なことは、今回の選挙に立候補し議員に返り咲いた「犯罪人」、辻本清美(近畿比例ブロック)と鈴木 宗男(北海道ブロック)らの国政参画には、どうしても納得がゆかない。

犯罪撲滅のNPOに携わる筆者には、「説明のつかない事実」として残り、「公職選挙法」における「みそぎ」の明確な法制化を期待しつつ、9・11オピニオン「総選挙」の総括としたい。



  <編集後記>


  数多くの「ご意見」を頂戴しました。厚くお礼申し上げます。今後も、ぜひ ご愛読の程、併せてお願いします。





   ☆九月の仏声人語
・・「叱ってもらえる幸せ!」考えましょう。




       <NPOーHP>

[PR]
by srd52834 | 2005-09-13 09:02 | 「現代社会を考える」→時事