またか・・「問題児」

b0019581_11423693.jpg


   現社考ー「厄病神」・・?


        <農水大臣・・お前もか!


 新大臣の「身体検査」。再び「政治資金収支」問題。 飛び火を懸念する「自由民主党」。波乱の70日間を迎える福田首相にとっては、解散・進退問題を孕み、「暗雲」の立ち込めた大変な国会運営となろう


 今回の問題は、太田氏の政治団体が秘書の自宅を「主たる事務所」として事務所経費を計上、だがこの団体は、秘書に「家賃」の支払いも無く実態すら不明であることが判明。
 思い浮かぶのは、自殺により有耶無耶になった「松岡大臣」、同じ問題で更迭された「赤城大臣」。この二つの事例そのままなぞったか・・のようである。野党の「架空の経費」との疑いは「ごく自然」であり、理解できないのは、なぜ・・?「新大臣」に推挙した「福田首相」である

 太田氏の5年前の「早大・集団レイプ事件」での失言、「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい」とか、今回の中国ギョーザ事件の「国民がやかましい」発言に鑑みても、「自民党のお家芸」であり、然程「驚くべき事態」ではないだろう。 面白おかしいのは、麻生幹事長の「助け舟・言い訳」。 なんと腐った輩の集団か・・

 ほんとに「永き政権の腐敗」を如実に表わしている。言い換えれば、「有権者がバカ」を立証しただけの話である。


 今後、景気・給油活動・消費者庁権限など、難題の待ち受ける「臨時国会」年末年始の衆議院解散・総選挙を求めて揺さぶりを賭ける「公明党」。さらに、太田大臣の進退問題などで「肝心の国民生活を忘れた政局国会」にならない事を願うばかり。


 有権者の「意識改革」が望まれる。


    ☆ 長月の仏声人語・・・「おはよう」! で始まる人間関係。

           <九月のコラム>ひと足早く!
 

   
[PR]
by srd52834 | 2008-08-27 12:06 | 「現代社会を考える」→時事
<< いのちー「自殺とうつ」 なぜ・・・?「子の犯罪」 >>