「変化」-くらし

b0019581_15445030.jpg


   現社考
庶民の「くらし」


         <内閣府調査>
「変化」


 男女の地位が平等と感じる人の割合が、20.9%で過去最高を記録した。
この世論調査は、調査開始の'95年から看れば僅かな変化(1.4%増加)に過ぎず、賛否両論ながら「女性の社会進出は、劇的に改善されていない」としている。
 現在、社会全体での「男女の地位」に関しては、男性優遇と思う人がやはり多く(73.2%)、「夫は外で働き、女は家庭を守るべき」と考える人は、47.9%で、過半数の女性が「家庭より外で働く」希望者が占めるそうだ。

 ただ、勘違いは避けて欲しい。
「男女同権」は当然ながら、男女平等は、いささか意味の取り違えが有る様である。

 一方、狂った気象も朝夕の「秋の気配」が感じられ、
1,871年(明治4年)に開設された「郵便局」も136年の歴史に幕を閉じ「民営化」がスタートした。24万人が「公務員」の削減と政府は胸を張るが、それに伴い一部料金体系も変わる様である。この「変化」に関しては後日「くらしの変化」としてリポートしよう!


 さて、罰則の厳格化の進む中(自動車運転過失致死傷害罪の新設)「秋の交通安全運動」も終わった。
結果的に数字の発表は未だ未集計の段階であるが、「高齢者」の交通事故死者が激増している。
 又、高齢運転者による事故も10年間で倍以上に増えており、75歳以上の運転者の運転免許更新時の「認知症検査」を義務附ける「高齢運転者対策」も進みつつある。

 だが、問題は「歩行者対策」にあり、高齢者の基本的ルール違反
(信号無視や横断歩道以外の横断)が目立ち、道交法を守れば防げた事故が多いとされる。今後、国や地方自治体による「高齢者向けの対応策」を早急に進めて欲しく考えるのだが・・・。


     ☆十月の仏声人語
・・・身からでた「さび」! 考えよう。


   被害申告お急ぎ下さい!

        <緑のオーナー被害対策弁護団>案内
[PR]
by srd52834 | 2007-10-01 15:56 | 「現代社会を考える」→時事
<< 救われぬ・・・窮状! 「真意」とは・・? >>