「国民」を欺くのか・・?

b0019581_14523371.gif


閑話なぜ・?



            <「口つぐむ」-増税!>


 「第21参院通常選挙」・・29日・・来週の日曜日に迫りました。期日前投票も間に合います。ぜひ「棄権」を避け、こぞって「国民の権利」を投票行動に替え、棄権の無い・国民の明日の為の選挙にしたいものです。
 
 さて、先月皆さんは「給与明細」或いは、「自治体の納付書」を見て、総務省の云う「増税では無い」との説明を如何に信じられたでしょうか・・? 「定率減税の廃止」と「税源移譲」に伴う住民税の引き上げ。 子育て世代には、とくに「重い税」を実感されたのでは・・と思慮します。


 今回の「21参院選挙」の戦術により、候補者の「本音」が聞こえません! 政府税調の口を塞ぎ肝心な「消費税率引き上げ」が選挙争点より除外され、国民を欺く「参院選挙」に納得できない一人です。(目的税以外を認めれば「際限なき増税」が始まります。)
 確かに、「国がきちっと仕事をするには、お金は必要です。税金の引き上げは、少子高齢化の日本には当然必要でしょう。だが、この「重大問題」が、候補者及び各政党の「投票お願い」の訴えに聞こえない現実は、国民を欺く行為以外何ものでもなく、「国民の錯誤」を促す如き選挙運動が残念で成りません。

 首相の「消費税を上げないとは、一言も云ってない」或いは、「財政削減に努力して・・」などと国民・有権者の目先を晦ませる演説など、説得力は皆無である! と思います。 現政権には、「国民の本音」が一向に届かない。「戦後レジューム脱却」を目指すなら、議員自身がもっと国民と交わり、「国民の本音」を吸い上げなければ、政治が国民と乖離する現実は変わらないでしょう。



 日本を変えよう! 皆さんの「権利」を行使して・・・「政治を変えよう」ではありませんか・!

        知って下さい!<選挙・比例区の仕組み>

[PR]
by srd52834 | 2007-07-26 15:04 | 「現代社会を考える」→時事
<< コラムーたまには「勉強」! 考えようー「参政権」 >>