姑息な「責任回避」?

b0019581_13571386.jpg


   現社考騙されてはならぬ!



       懸念!
<これ以上「バカ国民」を続けますか・・?>

 首相の「線香花火=パフォーマンス」
に続き、内閣官房や厚労省歴代大臣及び社保庁長官らの「夏の賞与返還」(至極、当然のこと)に関し、この行為は参院選を前に「国民を欺く行為」であり、政権与党は「国民の目先を眩まそう」としている。 とんでもない「パフォーマンス」である。

 社保庁の関係者の「責任の取り方」は、この程度では済まない。
消えた年金の「総額」に関する報告は、未だ明かされていない。「不明年金問題」に殆どの国民が「己の納付実績」のみに固執しているが、大きな問題は「国民の掛けた年金総額」の行方であろう・?


 ご存知ですか・・?
 国へ国民が掛けた「掛け金は蓄えられていない」現実が問題であって、しっかり現実を視なければ、自分の過去の記録に捕われていては「掛け金総額の行方」はヤブの中となろう!
 忘れてはならない!
(6月18日配信の記事参照)6月の給与明細或いは、地方自治体からの「住民税・健保料」の納税通知が既にお手元に届いていると思いますが、当ボランティアに関係する殆どの方は、「増税の現実」を知り唖然としています。(総務省の「ウソ」に気付く)
 

  ☆ 提案 = これ以上「バカ国民」を続けますか・・・?


 来月の「参議院選挙」の後には、この程度の増税感では終わりません。選挙が終わり次第、直ちに参院選に配慮しての「封印建議」(意見書)が「財政審」より提出され、消費税アップ論議が始まります。(借金大国・日本。その総額は、834兆円。老いも0歳児も全て一人=653万円)

 さらに、「数の力」により「介護保料」外の「各種増税論議」が始まり、秋の「シーリング」は、骨抜きの「骨太の方針」に基づき、活発な「財政拡大復活論議」(公共工事)が待っています。

 来月の「第21ー参院選挙」での投票、
日本国民がしっかりしなければ「正常な参院活動=ものの府」としての役割は果せないだけでなく、政権与党「自民党」の数の論理が罷り通る「異常国会」となる事は明白です。 世論調査では、52%が政権交代をと表明していますが、衆院選挙は「二年半先」、まずは、「参議院」が正常に機能するべく、考えた「投票行動」を心がけなければ、若者達に「先の見えない・日本」を継承させる事になり兼ねません。

 あなたの「投票行動」が日本をダメにする発端とならないよう、大事な選挙に参加する事が大切です。


 いいかげんに「バカ国民→目を覚ませ」と云いたい。そして、均衡のとれた「数の論理」に偏らない「正常な国会論議」(民主主義の根幹)に期待を込め、みんなで「投票」に行きましょう!!


               <コラム>

[PR]
by srd52834 | 2007-06-27 14:11 | 「現代社会を考える」→時事
<< 聞こう!「天の声」 閑話ー延命措置・・? >>