考えよう!ー「延命中止」

b0019581_16285374.jpg


  現代社会を考える!



           尊厳死ー「延命中止」  



 何度も本ブログやHPで取り上げている「非常に難しい問題」ですが、奇しくも「読み応え」のある「ある社説」に出会った。紹介しよう!



  「終末期医療」に関して、政府が検討会を設け「医師と法律家」らによる指針を作った。勿論、患者の意志を基本とし主治医だけでなく医師のチームで決定するとの「考え方」であると云う。

 この「指針」は、「どのような状態が終末期かは、患者の状態を踏まえて、医療・ケアチームが『適切且つ妥当』に判断する」としている。 だが、「自然に死にたい」と云う患者の意志に基づく医療チームが決定しても、医師が「殺人罪」に問われる恐れは残り、医師の「延命中止のためらい」が懸念される。

 終末期(判断が分かれ、一定の条件等は今後の検討会にて論議される)の医療は「死といかに向き合うか」にあり、「個人の死生観」が絡み難しい問題である。だが、終末期の「基本原則」に関しては、社会的合意づくりが急がれる。


 日本救急医学会の原案は、「妥当な医療の維持にも拘わらず、死が間じかに迫っている状況」とし、「治療法がなく、数時間又は、数日以内の死が予測される場合」や「脳死と判定去れた場合」に延命治療を中止するとしている。


 最後まで「人間らしく生きる」為には、又そうさせる為にはどうしたらいいか・・・・。老若男女を問わず、考えなければならない「重要な案件」であろう。


  日本の「ブログ」も、この様な「人として最も大切」な問題に関し、TBやコメント等での「意見の拡大」が看られる日が望まれているのでは・・・!


              <結婚>


   ☆(急告)


  旧「林野庁」による『分収育林事業』に拘わる「被害対策協議会」を検討中!

  農水省の身勝手さを告発する準備を進めています。この被害に遭われた方は、早急に「住所」「お名前」を当NPO事業団へお申し出ください。(個人情報は、提訴以外使用されません)詳細をブログ及びHPでお知らせしています。(ご家族・お知り合いに「被害者」は・・?)

   http://www5f.biglobe.ne.jp/~seishonen-WCE/  お尋ね下さい。

[PR]
by srd52834 | 2007-05-09 16:37 | 「現代社会を考える」→時事
<< 警報!-「はしか」 たまには・・・ >>