大阪人の「変」

b0019581_13244268.gif



 現社考「大阪人の『変』」



 幾度となく、「大阪の『有権者』は変わっている」と主張してきたが、先日の判決(大阪地裁)にて有罪が言い渡された衆議院議員「西村 真悟」の開き直りと云い、前回の「郵政解散選挙」でも、秘書給与流用に関わり「有罪」判決の下された「辻本 清美」又、ポニーテールをトレードマークとし議場での「慇懃無礼」な行動にでた「松浪 健四郎」(議員の資質なし)等の選出。さらには、大阪府の「裏金調査」に検察庁調査費疑惑の渦中にある「加納弁護士」を採用する等、常人の常識を逸脱した行為が気掛かり。ほんとに「不可解な人種」と感じる。
 

 さて今年は亥年。亥年の選挙は「何かが起こる」と云われ、「統一地方選挙」・「参議院選挙」と大切な「人選」が続くだけに、大阪人(変人)の気質が大きな心配ごとである。


 たとえば、辻本議員にしても「みそぎ」は終わったとの考えや、潔く「議員辞職」に応じない西村議員(北朝鮮拉致問題の要人であるかのごとき「自己過信」並びに、資質に欠ける松浪議員など、日本国全体から思慮すれば全く以って「迷惑」この上ない現状を、真摯に受け止めるべきであろう。



 変人・大阪の有権者は、「民主主義の根幹」をもあやふやにする、「ボタンの掛け違い」では済まされない「行動の結果」となるようでは、この先の「日本丸」の浮沈に拘わるのでは・・・と懸念する一人である。

 

     ☆二月の仏声人語・・・「口は災いの元」。見識を高めよう!


            <悩みの相談>

[PR]
by srd52834 | 2007-02-22 13:41 | 「現代社会を考える」→時事
<< もう!「納会」 許せぬ『女』 >>