オピニオンー「誰も書かない・・」

b0019581_1549653.gif


 オピニオン・・「号外」


     
       <誰も云わない、書かない>
「戦争総括」


 <長文ながら、今、必須案件と思います。>


 マスコミの相変わらずの報道姿勢にうんざりの毎日、海外の永き友人達(オーストリー・スイス・フィリピン・韓国・カナダ)より、辛口のコメントを頂いた。まさにご指摘どおりと感じ、「平和ボケ」の上に、日本独特の感情の通用しない国際社会に於いて、未だに「流されっぱなしのマスコミ」に失望を禁じ得ません。
先、日本にはすばらしい諺のある事は(HPコラム・8/7日付ブログ)配信したばかりですが、本当に情けない・貧弱な考えに立脚するマスコミ(視聴率ばかり気にする)と、日本国民の考えの「本性」を見透かされている思いもあります。


 そもそも日本の主張する「固有の領土・北方四島」は、(竹島・尖閣諸島も同じ憂き目と思われます)第二次大戦にソビエトが参画し、その後「四島ともに実効支配」を続けられる事に、何ら異議を唱えることなく、先住民であった日本人がこそこそと逃げ帰らざるを得ないような事態を「知らぬ顔の半兵衛」にて見過してきたのは、外でもない「昭和天皇」(本来は「A級戦犯」とすべきであり、敗戦時直ちに退位すべきであった人物)を含め、時の権力者・実力者達が「本来負うべき責任」を果さなかった結果、そして、「非難の絶えない、今の日本の姿」から目をそむけ続ける日本国民の曖昧さ、さらに、「事」に気付かない振りで流す日本国民に対し、国際社会に受け入れられない現状の儘。 なぜ見詰直そうとしないのでしょうか・・・?


 例えば、小泉首相の「安保理・理事国入り」への反対多く、果し得なかった事でハッキリした「ODA」への供与に基づく役人の幻想に惑わされず(貸しを創った感覚)、対等に国際社会で生きられる「将来の日本」を築く為にも、日本人自ら「過去の戦争の総括」を成し、「象徴天皇」などと玉虫色の決着を取り消し(アメリカによる「日本統治簡素化」の為の策謀)、「天皇は神」などとの幻想に気付き、福沢 諭吉 論に従い「本当の人間らしい生活の送れる日本」にと「改憲」はもとより「くだらない神話」(神風)の撲滅を図る以外他に方法はなく、日本滅亡と他国による「実効支配」に変化する可能性の高い状況を勘案し、行動を起こす時なのではないでしょうか・・?


 今回の「北」の拿捕事件、船長に意見など不可能な乗組員が射殺された事件に対し、不甲斐ない国民の1人として「弔意」を捧げたい。でも、この様な場合わせの処理で良いのですか・・・? 確かに「国際法廷」は力不足にして、事の解決能力の無さは否めません。何があっても「戦前の日本」に戻る訳には行きません。自国の姿を見つめ、国際社会への貢献とは「何か」をしっかりと考え改める事が大切でしょう。世界的な動きですが、特に「資源立国を目指すロシア」との四島返還交渉など不可能です。


 ところで、日本国民に「偶像の神」など必要でしょうか・・? 心の神は「ご先祖」であり、中国伝来の「仏教」を崇めればと考えます。「己可愛さ」の妄想を捨てるチャンスかも知れません。「天皇の名の下」に戦った過去の戦争、「崩御された天皇」の責任をも皆で考え、「象徴」などとごまかさず、乱暴な言い方なれど、「天皇制」を廃止し、過去の責任を明確にする事が「戦争総括」の一歩。

 そして、結果として、国民の総意が「天皇制」を望むのであれば、改めて「お迎え」すればいい問題ではないでしょうか・・?国際社会に於いて、韓国以外はっきりとは表明していないけれど、「靖国の分祀は、関係外」との考えが多い事は事実と思われます。


 いい加減に目を覚まそうではありませんか・・・。タブー覗を止め、是々非々を論じ、結果「国民の結論」を得れば、内政批判に近い「世界的な批判」に甘んじる必要は無くなるものと考えます。 論議をまき起こしましょう!

(注)筆者は、右・左翼にまったく関係なき、ユビキタス・・?な日本人です。(こんな使い方いいのかな・・?)


                <参考URL>

[PR]
by srd52834 | 2006-08-18 16:05 | 「現代社会を考える」→時事
<< 刑罰・・どうなる・・? 豆ー18<夏バテ> >>