「ある社説」-あなたは・・?

b0019581_1327726.jpg


 オピニオンー「ある社説」

    
  
         <自殺者ー激増の波紋>



 日本に於ける年間自殺者数は、8年連続で3万人を越えたそうである。
先進国トップの「自殺大国」との報道に、将来の「日本」を憂うとの執筆であったが、やはり、「格差の拡大」のなせる結果であろうか・・・? いや、それだけではあるまい・・・!


 参院の法案(超党派議員による)に官房長官をトップに、厚労相・総務相ら関係閣僚を集めた「自殺総合対策会議」の設立とある。確かに、自殺防止の為の「情報収集と分析」は、必要でしょう。(自殺対策基本法成立)
 

 自殺は、個人的問題でしょうが、社会的要因も大きいと思われます。
だが、これの防止に決め手は、全くありません。日本同様に悩める「フィンランド」の対策は、自殺未遂者のケア及び遺族への支援を以って、少し好転の兆しが視得ているらしいとの報告があります。
(暗中模索の国多し)



 日本の「自殺者」の原因分析では、推測ではあるが目立って増えつつある「中高年男性」の悩み、「責任が重くなる一方で、定年も近づくし子どもも巣立ち、自分の「親の死」に直面する等心の移り変わりが看て取れ、総体的に「心の悩み相談窓口」の必要性が考えられています。


 しかし、原因は多方面に及ぶとしても「人間」そのものが「軟弱」に成り過ぎてしまった帰来にあるのでは・・。
無宗教と云われる「我が日本」の考え方そのものにも問題がありそうである。社会問題として話題に上る「フリーター・ニート」に看られるとおり、心の中に「もったいない」(無駄な時間すら)の感覚すら薄れ、飽食時代の今、全世代が今一度探らなければ成らない「心の葛藤」の処理に関し、「親の復権」と共に、「働き方の見直し」が必要では・・・さすれば、少子化の問題解決への糸口も掴めるのではあるまいか・・?



 現代の影、「高学歴」に惑わされた為の挫折者も少なくないであろう。
その一方、伝統の「物創り日本」に肝心の「職人」が育たず、これらの要因も考慮せず、「もったいない」の心が薄れ「使い捨て」政策(例=PL法)が継続されるようでは、「人としての我慢」も無くなり、結果、「殺伐とした」さらに「人との拘わりの希薄さ」にも及び、国家の礎も崩壊すると考えるのだが・・・・。

 

       ☆6月の仏声人語
・・・もう少し、生きてみませんか・・?


          <東京裁判>
ぜひ!ご覧頂きたい。 

[PR]
by srd52834 | 2006-06-22 13:37 | 「現代社会を考える」→時事
<< 知られざる「w杯」 号外ー21「ある夫婦の悩み」 >>