オピニオンー詐欺師「村上」!

b0019581_16464729.jpg


 知能犯「村上」ー恥を知れ!



            <落ちた寵児・?>


 これ程の「知能犯」は、やはり東大と言わざるを得ない。
当サイトの5月12日「号外ー21」を参照されたいが、この知能犯「村上」のTVでのワンマンショウに看た「倫理観」「道徳観」等の欠如及び欺瞞にみちた言動は、恥の上塗りであろう。今後の捜査にて「黒幕達」に及ぶかどうかは疑問であるが、検察特捜の「成果」を期待したいものです。


 「村上ファンド」は、やはり、悪質なマネーゲームによる金の亡者でしかなかった。
今回の逮捕は、東京地検が正常な日本経済を取り戻す英断と云える。。この「村上」の齎した功績は何一つ無いし、自分に都合の良い「正義」を拡声し、市場に、はたまた、子ども達にまで「悪のマネーゲーム」を蔓延させた罪は、司法の手で徹底的に解明して欲しいものです。


 今日(7日)金融商取法が成立する
が、政府の責任=「証券取引制度の不完全な部分を触れもせず、この『詐欺師』同然の「村上」を野放しにした」=は大きいと思う。欧米の報道も、この極悪人「村上」の報道を展開し、「収入の格差の拡大に対し、世の中の不満が高まる中で市場での疑わしい行動を取り締まる検察の意思を浮かび上がらせた」との解釈もあり、賛否両論の「日本の今後」を憂っている。しかし、日本に於ける「拝金主義」は、絶対に蔓延らせてはならないし、「金で何でも出来る」と云う考え方は、子孫に伝承すべきでない「極悪策の見本」であろう。


 「株主の価値を高める・・・」の理念など皆無であり、さらに、一般投資家を欺き「自己中」の最たる「村上」は、「永久追放」に値する程の「重大犯罪人」である。
(利用された「堀江」も同罪の感を抱く)世界のメディアによる批評は、あくまで「対岸の火事」に過ぎずの論であり、「市場規制」は、日本独自のタガを嵌めるべきであり、世論の「グローバル化と云う言葉」に踊らされる政策に酔う事のなき様、政府関係者に進言したい。


 この「村上」の曰く「儲け目的でない」など、自己主張の矛盾を曝け出す最たる「言動」であり、
恥を知らぬこの男の「親の顔が見たい」と思うのは、少人数であろうか・・・?(敬称略)


  
      ☆六月の仏声人語
・・・もう少し、生きてみませんか・・?


        <コラム>
少し思い出して下さい。

[PR]
by srd52834 | 2006-06-07 17:01 | 「現代社会を考える」→時事
<< 閑話ー老人の「ぼやき」 ご存知ですか・・? >>