「ふぬけ・・?」小泉改革

b0019581_12512919.jpg



 もの申す!「小泉さん」


    
         <ふぬけ!ー 廃止宣言>



 議員年金は、廃止する筈ではなかったのですか・・・?
「議員年金廃止法」(国会議員互助年金廃止法」が、参院を通過した。昭和61年「国民全員加入決定」がなされて以来、議員の「年金」に関する諸問題が指摘されてきたが、これでは「総国民」全てが納得しないであろう。


 今回の法律制定前には、国民との格差(国庫負担率)が最大の問題点とされた筈のものが、まったく「蚊帳の外」、論議もされず現行法を「玉虫色の・・・」ごまかしにて成立させたのは、「小泉流言葉の遊び」でしかなかったのか・・・?。



 そもそも「廃止」の掛け声には期待していなかったが、議員の年金に対する「国庫負担」の70%は改められるものと聞き及んでいた。だが、何ら手を付けるどころか「議員の選択」とやらの注釈を付けただけの、呆れた法案を成立させた事は、「小泉ふぬけー丸投げにて、ダメ法案を通した」としか評価できない。


 「憲法29条に抵触する恐れがあり」と言い訳を弄している
が、法律家の目から視ると「国民年金制度」の方が、この感は否めないのが通説である。とにかく、改正議員年金法では「受給から3年で元が取れる」仕組みであり、格差どころの話ではない。 以前のように「退職金制度」を復活させて、「議員年金」を即廃止すべきである。


 憲法29条の適用は、「国民年金」に適用すべきであり、国民を欺くのは止めて欲しいものだ。
 
 因みに、憲法29条とは、

1、財産権は、これを侵してはならない。

2、財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める。

3、私有財産は正当な保障の下に、これを公共のために用いることができる。


 この条文を「議員の受給権」に適用する必要はなく抵触もしない故、国民年金に適用あって然るべきものである。
何故なら、議員は辞めても最低「国民年金」は入る。これこそ、国民と同等の扱いとなるであろう。
 


 小泉さん、もう「言葉の遊び」は止めませんか・・?
今回の「法整備」は、国民を裏切る最たるものと確信します。




  ☆二月の仏声人語
・・・「できないのですか・・?」「やらないのですか・・?」



          <困った時、お尋ね下さい。>




  
[PR]
by srd52834 | 2006-02-23 13:01 | 「現代社会を考える」→時事
<< SKIー3「白峰温泉」紀行 「新雪」を踏みしめて! >>