もの申す!天下り

b0019581_135819.gif



 閑話

           許されぬ!「天下り」


 誰とて「小難しい政治の事など、考えたくない」が、本音でしょう! しかし、お読み戴かなければなりません。


           <小泉流改革>


 「天下りの実態」が明らかに! 残8つの「政府系金融機関」の処遇に関して、諮問会議で各省庁の「思惑」が見えて来た。やはり、「抵抗勢力は、本丸『霞ヶ関』であり、自省庁の『天下り枠』の争い」でしかない。


 そもそも、「政府系金融機関」とは、戦後政府が出資し、民間金融機関では負えないリスクの高い部分を補完する目的にて設立されたものであるが、小泉改革の一環として「民に出来る事は民へ」に始まり、まず「住宅金融公庫」の廃止が進められている。

 結果、
公的で「親方日の丸」的無駄の排除が実施されつつあるが、問題は、残った機関の全役員84名中、官僚38名その内でも財務省は18の席権を有している実態は、忌忌しきことである。


 これら「天下り官僚」の給料と退職金は、
総裁で年/2000万円以上、役員で年/1000万円以上。さらに退職金は週/3日の勤務で5年経過すれば、1500万円~2500万円が支給される公務員の「甘い汁」なのである。



 此の程、民営化で合意に達した「政策投資銀行」等の「杜撰な融資の実態」が表面化するであろうが、東京・大阪等の「第三セクター」の破綻により、2,153億円の「こげつき」も明らかにされると思われる。そして、これらの「不良債権」が、すべて国民の血税とされ、大きな負担となる「増税」の言い訳になるのである。


 ☆ 最終段階での「政府系金融機関」と「官僚の行く先」をまとめてみた。

  国際協力銀行・・・「統合」・・・「天下り官僚」5名

  日本政策投資銀行・「民営化」・・「天下り官僚」6名

  国民生活金融公庫・「民営化」・・「天下り官僚」7名

  商工組合金融公庫・「民営化」・・「天下り官僚」4名

  中小企業金融公庫・「統合」・・・「天下り官僚」6名

  農林漁業金融公庫・「統合」・・・「天下り官僚」4名

  公営企業金融公庫・「廃止」・・・「天下り官僚」3名

  沖縄振興開発金融公庫・「統合」・「天下り官僚」3名


 小泉首相の「一声」にて、統廃合が進められているが、もっと 国民一人一人が「感心」を示し、財務省主導の「増税」に目を光らせる事が、「明日の日本」へと改革される「柱」になると考えると、「多くの国民の声」が大切な時に思えます。


 (告)
 防衛施設庁の所管協会「天下り実態」は、次回報告とします。ただ、2/3首相が「天下り規制」に意欲を表明されたこと、高く評価したい。



  ☆二月の仏声人語
・・・「できないのですか・?」「やらないのですか・・?」


 
         <心の処方箋>お尋ね下さい。




  
[PR]
by srd52834 | 2006-02-09 14:10 | 「現代社会を考える」→時事
<< 「花粉症」対策! なぜなの・・・? >>