閑話ーお礼!

b0019581_13352669.jpg



     <閑話>


  今年も様々な「出来事」がありました。年頭を迎えるにあたり一言。
 

 家庭や企業、金融機関などに出回っている「日本銀行券」の年越し金員は、その「残高」で5年連続更新したそうである。この「金」の扱いでは、国中を賑わせ、「日本の良き文化」が損なわれつつある「実態」が顕著に現れた「平成十七年」であったと思う。


 「世の中、金が全てである」とばかりに「勝ち組」と称される人種が巾を利かせたかのように受け捕られがちな年であったが、結果、大切な「心」が忘れられ、殺伐とした変化に邁進する「姿」のみクローズアップされているようで、日本人古来の「心の文化」を忘れてはならない「最後の砦」とし、愛国心に富んだ「日本国」を創成したいものと考えます。



    <追記>


 本年も「拙いブログ」にお付き合い、有難うございました。来年も相変わりませず、ご愛読の程、お願い致します。

 来年は、5日より配信の予定です。それでは、「皆様の良き一年」を祈念し、筆を擱きます。


   2005・12・31・・・ 

            NPO青少年厚生文化事業団「悩みの相談係り」

[PR]
by srd52834 | 2005-12-31 13:41 | 「現代社会を考える」→時事
<< 「年頭」にあたり・・・ 「もの申す」シリーズ第8弾! >>