小泉首相にもの申すー4

b0019581_12345922.jpg



 小泉首相に、もの申すー4



         <それは無いよ! 小泉さん>
 



 26日、改正政治資金規正法が成立した。
だが、旧橋本派の15億円の使途不明金について、法廷論争中の理由とは云え なんら審議されず、橋本氏らの「証人喚問」も議題にすら上らず等閑である。さらに、日歯連事件の公判で「迂回献金」の疑惑が浮上したにも拘わらず、同様の扱いではないですか・・・。


 要するに自分達の首を締めかねない法律を、「見て見ぬ振り」はないでしょう。 小泉さん!
郵政法案成立後、官邸主導の「力」は増し、「筋の通らぬ事は改める」と誓った筈ではなかったか・・・?



 今回の改正で「政治と金」の一端が観えた。それは、政党や政治団体への資金移動に関し、これまで通り上限規制はない。その上、政治団体の数にも規制が無い為、沢山の政治団体を作って資金を移す事ができ、まったくの「ざる法」と云わざるを得ないではないか・・。


 法の制備に関しても「国民に信義を問う」との姿勢を崩さず、己達に不利になろうが、筋の通った「人の基本」に基づいた「積み上げ」でない「法制備」は慎んでもらいたい。



 小泉さん、国民の眼は「自民党の旧態依然とした『政治とカネ』に対する中身の変化」にあり、国民の絶大なる協力を利用し大勝した途端の「おごり」では、国民は納得しませんよ!


 次の「通常国会」での「附則」の形でもいいから、国民の納得できる法案を提出し、民主党の云う「カネの流れ」が明らかになるようにご尽力頂きたく、苦言を呈します。




    ☆十月の仏声人語
・・・「欲をかくと、恥をかく」

 
    
  
       <いきる>お尋ね下さい。 


[PR]
by srd52834 | 2005-10-30 12:43 | 「現代社会を考える」→時事
<< 小泉首相にもの申すー5 初めての「氷ノ山」 >>