豆知識!保存版

b0019581_13494235.gif



 <豆知識>ー2


  <お詫び>「総選挙」の為、配信遅れました。知識として「保存」!



              <熱中症>




  京都府でまた痛ましい事故がおきた。少年野球の「名門」らしいが、夜間とて、気温の関係にて、熱中症は起こるので注意が必要である。


  2ヶ月前にも、少年サッカー試合の審判をされていた46歳?若い方が「熱中症」で逝かれた。


  そもそも「熱中症」に対する一般人の「知識」は殆どなく、まして、生命の危険など考えもしない人が多いと友人が(医師)嘆いていた。



     では、<熱中症>とは・・・


  外気温が27度以上で、湿度が70%以上、風がなく日差しの強い日に起こりやすい症状で(その昔「日射病」と云った)、適切な処置を施さなければ「死」に至る「危険な症状」である。


  ○ これの対応は、<応急処置>として・・・


1、身体を冷やすー涼しい場所に寝かせ、わきの下・首筋・太股の付け根を「氷」で冷やす。


2、水分・塩分の補給ー但し本人の意識がはっきりしている場合のみ


3、医師の診断を受けるー気分が良くなっても、必ず「診断」を受ける。



  ○ 之の予防は、「汗の働き」の知識を得ること。


 つまり「気化熱」の応用である。体温(表面と内部)の「血液」で逃がせない温度を下げる役目をもっており、日頃より「適切な運動」をして、体の中の「血液の循環」を良くしておく事が、大切です。「サウナスーツ」を着用して、ジョギングをしている人をよく見かけるが、意味が判っていなく、事故がいつ発生してもおかしくない状況である事を知るべきです。
 


  さて、人間一日に必要な「水分」は、・・・(夏場)3.3リットルです。通説では、食事にて1リットル、そして体内で作られる0.3リットルを差し引いても、日に2リットルの水分補給が必要です。各機能の衰えの目立つ年齢では、少しずつ、運動により「機能」回復を図る事も大切な要因です。


  ○<予防ドリンク> (絶対ではありません)


1、水   ー1リットル


2、蜂蜜  ー大匙4


3、レモン汁ー二分の一個


4、塩   ー小匙1



  少量の「湯」に「蜂蜜」と「塩」をよく溶かし、「水」と「レモン汁」を加えて、攪拌する。




   ★十月の仏声人語
・・「欲をかくと、恥をかく」



        <いきる>大地震に....


[PR]
by srd52834 | 2005-10-15 14:02 | <豆知識>シリーズ
<< 時事ー「死刑判決」 即 廃止!「年金」 >>