即 廃止!「年金」

b0019581_1614234.jpg



  「自由民主党」に、もの申す!



          即 廃止!「議員年金」




  まず以って、「公僕」とは何ぞや・・? 
与党の「議会制度協議会」の「議員年金問題」に対し「新年金制度の創設」とは、如何なる考えか・・・?「旧態依然とした50年体制の自民党ではないか・・」。 国民が皆「苦しい生活」に耐えている現状が「眼に入らぬのか」・・・?



  財政再建が命題である筈の政権政党が、 なぜ、「廃止」を採択しないのか、
民主党の云う 30%カットうをしたところで、「財産権の侵害」などに当て嵌まる恐れなど、法的にまったく心配ない。さらに、国庫の税負担が7割、及び、議員の「納付金」の8割返還など、不合理この上ない現状ではないか・・・・。



          奢るな!与党。



  小泉首相の「掛け声」で、議論は加速したものの、内容は「なんら改革に非ず」ではないか・・。民主党の主張の一部は「正しい改革」であり、この「少数意見」を顧みない「与党法案」を国会へ提出する様では、総国民に「革命」を喚起する様なものである事を、覚悟しなければならないだろう。



  そもそも「公僕」とは、「国民の僕となり国民に奉仕する者」
を云い、悪法は、直ちに「廃止」して、年金等は国民よりも低くするのが「公僕の姿」であろうが・・・。



  小泉首相の云うとおり「自民党・公明党・民主党で合意が得られるように」与党案を「修正」して、 公僕の基本的な精神の下で「廃止への協議」を展開すべきであると考える。 現在の「与党案」では、国民 誰一人として「賛成」しない事、肝に銘じてほしいものである。



  小泉さん、
旧態依然とした古参議員を排除して、「新生自民党」を国民に知らしめるよう、「はっきりと具現」しなければ、「あなたを信じ」投票した選挙人をも裏切る結果になります。 民主主義の基本でもある「少数意見」を、組み入れた「立派な法案」の創生に、大変でしょうが、もっと眼を光らせて戴きたい。




     ☆十月の仏声人語
・・・「欲をかくと、恥をかく」




           <随筆>お尋ね下さい。 


[PR]
by srd52834 | 2005-10-14 16:28 | 「現代社会を考える」→時事
<< 豆知識!保存版 許せぬ! 官僚達 >>