「号外」-2

b0019581_18454395.jpg
 



  オピニオン「総選挙」号外-2

 



         <隠れた「素顔」の正体>





☆物議を醸した「東京ブロックと12区」の「被選挙人」



 郵政民営化に反対して、自民党の「公認」を貰えず、理念なき会見を開くなど、選挙人を小バカにした「程度の低い資質」の人間だったのか・・中央にて、本人の話の裏を覗くまで見抜けなかった自分に腹が立つ。



 この人物・八代 英太前議員である。特定郵便局「大樹」の応援と、「障害者」を前面に出し、「衆議院の議席」を確保した男の「裏」を観て、愕然とした。



 自民党執行部の「今回の判断」は従前の自民党でない、新しい「小泉自由民主党」の進もうとする「姿勢」を見て取れた。(比例区非公認)




 本人は、「無所属での出馬」を希望しているが、この程度の人物は不要である事は、冷静に「この男の正体」を見極めれば誰でも解り、二度と「国会へ送る」ようなバカな選択はしないでしょう。

   
      <理念亡き者は、去れ! 八代前議員>






☆「サイン会」中止! とんでもない「おんな」大阪10区




 先配信に登場の「犯罪人」辻本 清美 この人物が、大阪・茨木市にて出版に寄せて 厚かましくも「サイン会」を、予定していたらしい。 「事の善悪」の判断のできる「いち選挙人」によって中止と成ったらしいが、 「犯罪人が、刑期も終えてない状態で何するの」と叫んでくれた「賢明な大阪人」に、エールを送ると共に、 「犯罪人の追放」を全国民的な「選挙人の声」として風を起し、大運動にしなければならない。


      <温情の解らぬ「犯罪人」を追放しよう。>





☆新潟5区 田中 真紀子 前議員の問題
 


 「街頭演説」は、「おらが町の為の選挙」を象徴するもので、あからさまに「中越地震の際の「国の援助金は、私が誘導したものである。」と喚く様は、やはり、「父親と同類」・利益誘導型の人物であり、外務省の次官を小バカにした仕種に具現された通りの「土建屋の娘」そのものであり、「日本を託す人材ではない」事がハッキリした。

      
<おらが町的 選挙では、日本の未来はない!>



☆「岐阜県知事の握手拒否」問題。



 なんと「ケツの穴の小さき人物」との「批判」続出!当然であると思う。以前、プロ野球新規加入問題での「ヤクルト・古田選手」が摂った同じ「握手拒否」の現状が放映されたが、この知事の「拒否」は、全く別物であり、「この人物」の料簡の狭さは、「問題である」とした、岐阜県人に、諸手を上げて賛同したい。


      <その人の「隠れた素顔」で、資質が見える>





   <日本人のこころ「もったいない」>
Dr.日野原語録

[PR]
by srd52834 | 2005-08-29 18:59 | 「現代社会を考える」→時事
<< オピニオン「総選挙」14 オピニオン「総選挙」13 >>