号外ー7 「痛ましい事故」

b0019581_15151613.gif


号外ー7 現代社会を考える


          「痛ましい事故」に思う!


 「社長を呼べよ!」記者会見における怒号、マスメディアを称する低度の人種による影響が憂える。でも、民放各局いずれのキャスターをしても、こぞって「JRの責任」に私見を混え深く追求するのは、一定の必然性と認めるのが一般的であろう。


 残念にも亡くなられた多数の人々には、「お気の毒」と申し上げる以外、他人に「術」はない。だが、今日のマスメディア及び一部遺族の言及行為は、「いじめ」と同等の感があり、見識ある或いは現在それを見失っておられる方々による「追い込み」に他ならない場面を多々見受け、考えさせられる事も多い。



 「失意の人が集まって慰め合いたい」遺族会の結成を批判する積りはない。しかし、なぜ 今なの・・?ある種疑問を禁じ得ない。「個々の連絡先を」と申し出、結果「JRの対応は冷たすぎる」。  ちょっと 待って! 遺族の悲しみ・怒りは理解すれど、被災者報道に匿名希望者の数ある現実を考慮すれば、JRの対応は一部正当であり、何も性急に事を押し進める必要が何処にあるのだろうか・・・?


  さらに、これに便乗するマスメディアに、諸外国の各社が指摘する「日本に於けるマスメディアの成長不能な土壌」の批判を垣間見る思いである。




  確かにJR西日本の一部役・社員の考え・言動は、常人には理解に苦しむ感は否めない。
しかし、だからと言って情緒的に走り、得意げに喋るバカ・キャスターの羅列は、戒めるべきで、却って社会に悪影響を与え兼ねない。


 そして、一部被災者家族の方々でも「云いたい放題」は、決して許される事ではない。
それほど、現代社会は加害者と被害者の立場に大きな差はなく、明日逆転してもおかしくない社会である事を、さらに、「一定の憤りを以って静と成す」建設的な意見ならば全ての人々に領収されるのでは・・・・お互いに再認識する必要があるのではなかろうか・・・・?


 ご意見はコメント下さい。


<小泉首相のHP>


★五月の仏声人語・・・大人変われば、子どもは伸びる ! 

[PR]
by srd52834 | 2005-05-07 15:33 | 「現代社会を考える」→時事
<< 「ホントにホント」-6 「コブラゴールド」ー初参加 >>